地雷探知で人命を救った「英雄ネズミ」が最高賞の金メダルを受賞!

animals_plants

地雷探知に貢献した英雄ラット「マガワ」
地雷探知に貢献した英雄ラット「マガワ」 / Credit: PDSA/PA
reference: zmescience

イギリスの動物愛護団体「PDSA」は、25日、カンボジアでの地雷撤去に貢献した勇敢さをたたえ、5歳のアフリカオニネズミ「マガワ(Magawa)」に金メダルを授与しました。

同賞は動物に送られる最高賞であり、77年の歴史の中で、ネズミが金メダルを獲得するのは初めてです。

マガワは優れた嗅覚で地雷や不発弾を探知し、多くの人の命を救っています。

1年の訓練を耐えた「英雄ネズミ」

2014年に、東アフリカタンザニアで生まれたマガワは、ベルリンの慈善団体「APOPO」により特殊な訓練を受けました。

APOPOは、地雷や結核患者を探知するための動物を育てており、マガワも爆発物に含まれる「TNT(トリニトロトルエン)、火薬」などをピンポイントで嗅ぎ分けられます。

探知に成功すると、マガワは大好物のバナナやピーナッツを貰えるそうです。

爆発物の探知をする「マガワ」
爆発物の探知をする「マガワ」 / Credit: PDSA/PA

1年間の厳しい訓練に耐えたネズミは「HeroRATs(ヒーローラット、英雄ネズミ)」と呼ばれ、カンボジアやアンゴラ、ジンバブエ、モザンビークなどの現場へと送られます。

マガワの任務地は、カンボジア北部のシエムレアプでした。

カンボジアでは1975以来、大量の地雷や爆発物が埋められ、約6万4000人が死亡、約2万5000人が負傷しています。

マガワは現在までに39個の地雷と28個の不発弾を発見し、同団体で最も優秀なヒーローラットとなりました。

4日かかる探知を30分で完遂

マガワの能力は、従来の金属探知機をはるかに凌ぎます。

金属探知機は爆発物以外の金属にも反応してしまいますが、マガワは火薬の匂いを嗅ぎ分け、爆発物だけをすばやく探知します。

そのため、金属探知機では4日かかる広さも、マガワにかかれば30分で走査可能です。しかも、人と違って軽いため、地雷の上を走っても起爆することはありません。

さらに、報酬の食べ物さえあれば、繰り返しのタスクもいとわないので、探知作業は常にスムーズです。マガワは地雷や不発弾を見つけると、その場所を引っかいて隊員に知らせます。

一方で、マガワにも引退の時期が近づいているそうです。

APOPOによると、英雄ネズミの任期は4〜5年であり、マガワはすでに4年働いて、サッカーコート20面分の敷地を探知し終えています。

このまま無事に任務を終えて、ゆっくりと隠居生活を送ってもらいたいですね。

あわせて読みたい

SHARE

TAG