眠る新生児。
眠る新生児。 / Credit:depositphotos
fungi

帝王切開で生まれた赤ちゃんにお母さんの「糞便」を与えて健康な微生物叢を構築する研究

2021.01.27 Wednesday

2020.10.05 Monday

medicalxpress https://medicalxpress.com/news/2020-10-c-section-newborns-mother-poop-healthy.html

帝王切開は何らかの事情により通常の分娩ができず、手術で子宮を切開し直接胎児を取り出す出産方法です。

この帝王切開で生まれた赤ちゃんは、膣を経由していないために母親の微生物叢に触れておらず免疫系の発達に悪影響が出ると言う意見があります

そのため、母親の微生物叢を帝王切開の赤ちゃんに与える方法がいくつか研究されていますが、10月1日の科学雑誌『Cell』に発表された論文では、なんと母親の希釈した糞便を与えるという方法が報告されています

ちょっと心情的には嫌な気もしますが、これは経膣分娩で生まれた赤ちゃんと似た微生物叢が構築できる有望な手法となるかもしれません。

帝王切開で生まれる赤ちゃんのリスク

帝王切開で生まれた赤ちゃん
帝王切開で生まれた赤ちゃん / Credit:depositphotos

通常赤ちゃんは母親の膣内を経由してこの世に誕生します。

このとき、無菌状態の赤ちゃんは初めて微生物にさらされ、免疫系に重要な微生物叢を獲得するきっかけを得るのだと考えられています。

このため、子宮切開で直接取り出された赤ちゃんは、経膣分娩で生まれた赤ちゃんとは腸内などの微生物叢が異なっています

これは、帝王切開で生まれた赤ちゃんの喘息やアレルギーの発症が、経膣分娩の赤ちゃんよりわずかに高いという報告と一致するものです。

そこでこれまでの研究では、帝王切開で取り出された赤ちゃんの肌や口を母親の膣液で拭うという方法が試されてきましたが、この方法では微生物叢を経膣分娩の赤ちゃんと同一にできませんでした

微生物叢が異なるということは、免疫系がアレルゲンに対応する反応も異なるということで、あまり好ましいことではありません。

なんとか経膣分娩の赤ちゃんと帝王切開の赤ちゃんの微生物叢を一致させる方法が必要なのです。

次ページ赤ちゃんはどうやって微生物叢を獲得しているのか?

<

1

2

3

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!