狂人の図書館で紹介されている本たち
狂人の図書館で紹介されている本たち / Credit:Richard Lane CollectionHonolulu Museum of Art/Edward Brooke-Hitching/Ernst Mayr Library/Ben Denzer
humanities

狂人の図書館へようこそ。奇書コレクターが選ぶ「最も奇妙な本7選」 (3/7)

2021.01.27 Wednesday

2020.10.04 Sunday

theguardian https://www.theguardian.com/books/2020/oct/01/browsing-the-madmans-library-edward-brooke-hitching

ノートの第17巻-コンスタンティヌス・サミュエル・ラフィネスクの1818年の旅 1818年

ノートの第17巻
ノートの第17巻 / Credit:Smithsonian Museum

1818年、フランスの博物学者ラフィネスクは、仲間の博物学者ジョン・ジェームズ・オーデュボンを尋ねるためにケンタッキー州を訪れました。

その際、オーデュボンはラフィネスクをからかうために空想上の生物を地元の生物として紹介したとのこと。

ラフィネスクは忠実にそれらをスケッチし、存在しない4つの生き物が描かれることになりました。

次ページサンジェルマン伯爵の三角書 1750年頃

<

1

2

3

4

5

6

7

>

人文学のニュースhumanities news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!