「GPSを仕込んだニセ卵」でウミガメの密売ネットワークを一網打尽! ”希望の卵”が登場

society

GPSを仕込んだニセの卵
GPSを仕込んだニセの卵/Credit: Paso Pacifico

卵から孵化したばかりのウミガメは、待ち伏せていた海鳥に捕食されないよう急いで海に駆け込みます。

しかし、ウミガメの最大の天敵は、海鳥でなく人間です。

現在、世界各地で卵の密猟が相次ぎ、中央アメリカでは実に9割の卵が盗まれ、食用として違法売買されています。

この犯罪を止めるため、イギリス・ケント大学の研究チームは、GPSを仕込んだニセ卵「InvestEGGator」を開発しました。

10月5日付けで『Current Biology』に掲載された報告によると、ニセ卵を密猟者に盗ませて、密売のネットワークを暴くことに成功しています。

ホンモノそっくりの”ニセ卵”を犯人に盗ませる

ニセ卵「InvestEGGator」は、環境保護学者のキム・ウィリアムス=ギレン氏により数年前に考案されました。

中にはGPSが内蔵され、1時間ごとにシグナルを発信して居場所を知らせてくれます。また、見た目や手触りでバレないよう、外観・質感ともにホンモノそっくりに作られています。

ニセ卵の中身
ニセ卵の中身/Credit: Helen Pheasey

研究チームは、このニセ卵を101個用意し、密猟の多いコスタリカのビーチ4ヶ所に設置しました。

ウミガメの卵は1ヶ所にまとめて産卵され、密猟者は大抵その全部を盗むので、ニセ卵は巣ごとに1個だけセットしています。

その結果、設置したニセ卵の内、約25%が密猟者によって盗まれました。

盗まれた卵の種類には、ヒメウミガメとアオウミガメが含まれており、いずれも絶滅が危惧されています。

ホンモノに混ぜても見分けがつかない
ホンモノに混ぜても見分けがつかない/Credit: InvestEGGator

GPSから密売ルートの特定に成功!

研究チームの目的は、卵を盗んだ密猟者の特定だけでなく、密売ルートを追跡して、違法売買のネットワークを暴くことです。

そして、数日間におよぶ追跡調査の末、5つの密売ルートの特定に成功しました。

最も短いルートは、盗まれた海岸からほど近い住宅地で、もう一つは、海岸から約2キロ離れた地元のバーでした。

最長ルートは、海岸から137キロも離れたコスタリカ・セントラルバレーにあるスーパーマーケットの積み込み湾で、追跡に2日を要しています。

特定された密売ルート
特定された密売ルート/Credit: Pheasey et al., Current Biology, 2020

食用にされるウミガメの卵はスーパーでは販売されないため、積み込み湾は、業者と売り手の間の受け渡し場にすぎないと考えられています。

これとは別に、ニセ卵が残っている巣では、他のウミガメが正常に孵化したことが確認できました。

研究主任のヘレン・フィージー氏は「今回の実験では、ニセ卵の電波が発生中の胚にダメージを与えることなく作動できるかが重要な確認事項でした」と述べています。

無事に生まれたウミガメの赤ちゃんたち
無事に生まれたウミガメの赤ちゃんたち/Credit: Paso Pacífico

人類がウミガメの卵を食用にしてきた歴史は長いですが、人口が増えるのとは対照的にウミガメの数は年々減っています。

この事実を無視して密猟や密売が続くと、ウミガメはますます絶滅に追い込まれてしまうでしょう。

「InvestEGGator」は、ウミガメを救うための希望の卵でもあるのです。

あわせて読みたい

SHARE

TAG