GPSを仕込んだニセの卵
GPSを仕込んだニセの卵 / Credit: Paso Pacifico
society

「GPSを仕込んだニセ卵」でウミガメの密売ネットワークを一網打尽! ”希望の卵”が登場 (2/2)

2021.01.27 Wednesday

2020.10.07 Wednesday

sciencealert https://www.sciencealert.com/scientists-planted-decoy-gps-turtle-eggs-to-track-down-traffickers, smithsonianmag https://www.smithsonianmag.com/science-nature/3-d-printed-sea-turtle-eggs-reveal-poaching-routes-180975991/, interestingengineering https://interestingengineering.com/gps-implanted-fake-eggs-might-save-sea-turtles-from-illegal-poaching

GPSから密売ルートの特定に成功!

研究チームの目的は、卵を盗んだ密猟者の特定だけでなく、密売ルートを追跡して、違法売買のネットワークを暴くことです。

そして、数日間におよぶ追跡調査の末、5つの密売ルートの特定に成功しました。

最も短いルートは、盗まれた海岸からほど近い住宅地で、もう一つは、海岸から約2キロ離れた地元のバーでした。

最長ルートは、海岸から137キロも離れたコスタリカ・セントラルバレーにあるスーパーマーケットの積み込み湾で、追跡に2日を要しています。

特定された密売ルート
特定された密売ルート / Credit: Pheasey et al., Current Biology, 2020

食用にされるウミガメの卵はスーパーでは販売されないため、積み込み湾は、業者と売り手の間の受け渡し場にすぎないと考えられています。

これとは別に、ニセ卵が残っている巣では、他のウミガメが正常に孵化したことが確認できました。

研究主任のヘレン・フィージー氏は「今回の実験では、ニセ卵の電波が発生中の胚にダメージを与えることなく作動できるかが重要な確認事項でした」と述べています。

無事に生まれたウミガメの赤ちゃんたち
無事に生まれたウミガメの赤ちゃんたち / Credit: Paso Pacífico

人類がウミガメの卵を食用にしてきた歴史は長いですが、人口が増えるのとは対照的にウミガメの数は年々減っています。

この事実を無視して密猟や密売が続くと、ウミガメはますます絶滅に追い込まれてしまうでしょう。

「InvestEGGator」は、ウミガメを救うための希望の卵でもあるのです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

社会問題・社会哲学のニュースsociety news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!