なぜ飛行機からは星が見えないの?

science_technology 2018/04/20
Credit: theodysseyonline

上空から眺める綺麗な夜空。あなたは飛行機に乗っていて、夜空を一目見ようと窓から顔を覗かせたことはありませんか?その時に星を観察できたでしょうか。実は、機内から星を見るのは意外と難しいのです。

もちろん、昼間は太陽の光で星は見えません。それは、地上でも飛行機で上空にいても変わりません。では、夜になると地上では星が見れて、上空では星が見えないのはなぜでしょうか。

 

なんで飛行機から星がみえないの?3つの理由

その現象には、いくつかの要因があります。

まず1つ目は、地上よりも飛行機は月との距離が近く、月の光が強くなって他の星の光をかき消してしまうからです。特に、満月のときは星を見るのは難しいでしょう。

2つ目は、地上の明かりで夜空が明るく照らされて見えづらくなるからです。地上からの影響は、都市部で得に顕著になります。

3つ目は、機内の明かりに目が慣れてしまうからです。人は周囲の明るさに慣れるので、機内の光に慣れている場合は、星の薄暗い小さな光を目視できなくなってしまうのです。

Credit:ScienceABC

飛行機から星を確認する方法

それでは、どうすれば夜空に浮かぶ星々を確認できるのでしょうか。もちろん月や地上の状況に左右されますが、目を夜空の暗さに慣れさせることで、見える確率が上がります。

夜空の暗さに慣れるためには、機内のライトを避けなければいけません。しかし、キャビンアテンダントやパイロットを押しのけて機内のライトを消すことは、さすがにできません。なので、ちょっと怪しい人になるかもしれませんが、上着やブランケットで頭をすっぽり覆って、窓に顔を近づけましょう。そうすることで、夜空に眼を慣れさせることができます。もし稀にしか見れない星を見れたなら、かなりラッキーです。

もし飛行機に乗る機会があれば、ぜひ試してみてくださいね。

 

なぜ青い生物は少ないのか?

 

via:ScienceABC/ translated & text by ヨッシー

 

関連記事

私たちは見えないものが「見えて」いる? 宇宙と光の物語

「宇宙は存在しない」。物理学者が「反物質」を調べた結果、驚くべき事実がわかる

SHARE

science_technologyの関連記事

RELATED ARTICLE