数千のネット民が傷心なチワワのために一致団結、奇跡が起こる

story 2018/04/22

犬にとって「大好きなオモチャをなくすこと」は致命的です。

犬のベスト・フレンドである私たちも、途方に暮れるワンちゃんの姿は見ていられません。同じオモチャを求めて地球の果てまで行っちゃう飼い主だっているかもしれません。しかし、ブラウンが頼ったのは「インターネット」でした。

ブラウンの愛犬「ジャクソン」は12歳のチワワ。大好きな緑のドラゴン「グリーニー」をなくしてしまいました。グリーニーがどのような最期を迎えたのかはわかりません。いずれにせよ、ジャクソンの心にぽっかりと空いた「ドラゴン型の穴」は簡単には埋まりませんでした。

そう、「グリーニー」はもう製造されていなかったのです。

悲しむジャクソンを見ていられないブラウンは、助けを求めるツイートを決行。

ヘルプ!誰か「グリーニー」を売ってくれませんか?この子がめちゃくちゃ悲しんでるんだ。

 

ブラウンのこのツイートは多くのリツイートを集め、ある人はグリーニーに「似た」緑のおもちゃを見つけます。

 

これに対しブラウンは、「違う緑のおもちゃを何度も試したけど、全く興味を示さなくて…」と、悲しみのツイートを返します。確かにお腹の色が微妙に違う…。


誰かーーー!

 

諦めかけていたブラウンでしたが、そのとき奇跡が起きます。

ペット関連グッズを扱う “PetSmart社” の従業員 “kenさん”が協力を申し出たのです。

在庫にはなかったけど、Facebookで他の店舗の従業員にも聞いてみるわ!

 

…そして数日後、ブラウン宛ての荷物が届きます。中身は、、、


待望の「グリーニー」がなんと8匹も!可愛いイラスト付きの手紙も同封されていました。

ジャクソンへ

新しい「グリーニー」でめいっぱい遊んでくれると嬉しいわ!お菓子も入れておいたから、ママにたくさんもらうのよ!

kenより

 

ブラウンはkenさんやPetSmart社、そしてインターネットの力に感謝感激です。そして誰よりも、ジャクソンは至福の時間を過ごしています。

 

なんとも心温まる、可愛いストーリーですね。控えめに遊ぶジャクソンもキュート!

そしてインターネットの可能性は測り知れません。もし同じ境遇のワンちゃんがいる方は、試してみては?!

 

via: mnn / translated & text by なかしー

 

関連記事

オッドアイで口唇口蓋裂のいじめられっこが、全く同じ境遇のネコとの「奇跡の出会い」に感動

【心理テスト】好きな花はどれ?「本当のあなた」を表す花を選ぼう!

「自分のファンが偶然隣に座ってる!気づくかな?」→予想外の展開へ…

宇宙科学者が新たな天体を発見!→すみません火星でした。

SHARE

TAG

storyの関連記事

RELATED ARTICLE