電磁場は糖尿病を治療する効果があった
電磁場は糖尿病を治療する効果があった / Credit:Cell Metabolism
medical

偶然の発見!電磁場にさらされると血糖値が正常化するという研究 (3/4)

2021.01.28 Thursday

2020.10.09 Friday

sciencedaily https://www.sciencedaily.com/releases/2020/10/201006153507.htm , zmescience https://www.zmescience.com/science/electromagnetic-fields-type-2-diabetes/ , Cell Metabolism https://www.cell.com/cell-metabolism/fulltext/S1550-4131(20)30490-3?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS1550413120304903%3Fshowall%3Dtrue

治療された原因は酸化ストレスの軽減だった

電磁場が糖尿病を治す仕組みは酸化ストレスの軽減にあった
電磁場が糖尿病を治す仕組みは酸化ストレスの軽減にあった / Credit:Cell Metabolism

電磁波が糖尿病を治療する仕組みを解明するにあたって、研究者たちが目をつけたのはインスリンまわりの反応ではなく、酸化ストレスでした。

これまでの研究で、電磁波が細胞内部の酸化ストレスに影響を与えることが知られていたからです。

さっそく研究者たちは細胞と電磁場の関係について調べました。

結果、電磁場にさらされることで、細胞の酸化ストレスの度合いを示すマーカー物質が40%も低下し、逆の還元反応を行う遺伝子が活性化していたことが判明します。

このことは、ある程度の電磁波にさらされることで、ヒトやマウスの細胞は酸化ストレスが減り、結果としてインスリンに対して敏感に反応するようになったことを示します。

また、さらに検証を深めるために、肝細胞のミトコンドリアから磁気を帯びていることが知られている常磁性の物質を除去が行われました。

肝臓のミトコンドリアは、糖尿病と深く結びついていることが知られているからです。

すると興味深いことに、電磁場に感応する常磁性物質を失ったマウスは、電磁場にさらされても糖尿病の治療が行われなくなっていました。

このことは、糖尿病の治療には電磁場だけでなく、電磁場に反応する体内の常磁性物質も必要であることを示唆します。

次ページ電磁場と生命活動の深い関係

<

1

2

3

4

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!