耳鳴りに効く”世界初の治療装置”が開発される! 「舌」を電極で刺激

medical

世界初の耳鳴り治療装置
世界初の耳鳴り治療装置 / Credit:Neuromod
reference: sciencealert

耳鳴りは、アメリカだけで約4500万人を苦しめてきましたが、はっきりとした原因や治療法は見つかっていませんでした。

ところが、アイルランドの医療機器会社Neuromodの神経科学者ヒューバート・H・リム氏ら研究チームは、10月7日付の科学誌『Science Translational Medicine』で、世界初の耳鳴り治療装置「Lenire」を発表しました。

Lenireは患者の耳と舌に刺激を与えることで、耳鳴りの症状を大幅に軽減できたのです。

治療法がなかった耳鳴り

耳鳴りの治療は困難だった
耳鳴りの治療は困難だった / Credit:depositphotos

多くの人が耳鳴りに悩まされているにも関わらず、これまで明確な治療法は存在していませんでした。

なぜなら、ほとんどの耳鳴りは実際に音が鳴っているわけではないからです。

この耳鳴りはしばしば幻肢痛と比較されます。幻肢痛とは、痛みを感じる部位が存在していないのに、が勝手に痛みを作り出すというもの。幻肢痛については軽減できるように多くの研究がなされています。

耳鳴りも幻肢痛と同様、外部からの音が入ってきていないにも関わらず、脳が勝手に音を作り出してしまうのでしょう。

このように大まかな耳鳴りのメカニズムは想定できるものの、「なぜ脳が勝手に音を作り出すのか」「どのように耳鳴りをなくすのか」という疑問は完全に解決できていませんでした。

そのため、これまでの耳鳴り治療法の多くは「耳鳴りに慣れる」というものでした。多くの人がエアコンの音や外の自動車の音を意識しないのと同じように、耳鳴りも聞こえているが意識しないように訓練するのです。

しかし将来、こうした対処療法は無くなるのかもしれません。最近、世界初の耳鳴り治療装置が開発されたからです。

耳と舌を刺激する「世界初の耳鳴り治療装置」

コントローラーによって2つのデバイスが舌と耳に刺激を与える
コントローラーによって2つのデバイスが舌と耳に刺激を与える / Credit:Neuromod

開発された耳鳴り治療装置「Lenire」は、脳の感度を高め、耳鳴りの症状を引き起こす脳の過活動の排除を目的としています。

そのために、以前から研究されてきた「バイモーダル神経調整」と呼ばれる音と電気刺激による混合アプローチを採用。患者は2つのデバイスから刺激が与えられます。

その1つは口にくわえた電極べらです。これにより舌を通して三叉神経に刺激が与えられます。ちなみにこの刺激は舌の上でパチパチとはじける「ポッピングキャンディ」に似ているとのこと。

そしてもう1つは、Bluetoothヘッドホンです。ヘッドホンからは調整された音(電子音楽のように聞こえる)が流れ、これにより聴覚神経を刺激します。

舌と耳への刺激は軽量のコントロールデバイスで制御されており、刺激のタイミングや強度が調整されます。

三叉神経と聴覚神経のバイモーダル神経調整
三叉神経と聴覚神経のバイモーダル神経調整 / Credit:Neuromod

実際、Lenireを用いた273人の治療テストでは、参加者の86%で症状が改善し、耳鳴り重症度スコア(1~100)が平均14ポイントも低下しました。

このテストは1日最大1時間の治療を12週間続けるというものでしたが、治療後1年間の追跡では治療効果が継続していたとのこと。

この結果についてリム氏は、「耳鳴り治療において、医療機器によるアプローチの長期的な結果が評価されたのは初めて」と述べています。

今回のテスト結果は、耳鳴り治療のビッグニュースとなりました。今後研究チームは、Lenireの市販に向けて更なる調整と研究を続ける予定です。

あわせて読みたい

SHARE

TAG