ニセモノのダイヤの見分け方とは?
ニセモノのダイヤの見分け方とは? / Credit: pixabay
geoscience

「偽物のダイヤモンド」の見分け方とは? 水や新聞紙を使った超カンタンな方法を紹介

2021.01.27 Wednesday

2020.11.16 Monday

scienceabc https://www.scienceabc.com/eyeopeners/how-to-tell-if-a-diamond-is-real.html

ダイヤモンドは、地球上で最も硬い天然鉱物として知られます。

その美しさから結婚指輪やアクセサリーに使われますが、一方で偽物が出回る量もピカイチです。

高額な代金を払ってまで偽物をつかまされてはたまりません。

そこで偽物と本物を簡単に見分ける方法があります。

家庭にあるものですぐできる方法もあるので、ダイヤをお持ちの方はぜひ試してみてください。

ダイヤモンドはどうやって作られる?

地球上に存在する天然ダイヤ、いわゆる本物のダイヤは、およそ10〜30億年前の間に、その大部分が作られました。

ダイヤモンドは純粋な炭素からなり、極度の圧力と熱に長時間さらされることで形成されます。

その後、地下深くに眠ったダイヤは火山の噴火や地形運動により、人が採取できるような位置まで浮上してきました。

世界最初の天然ダイヤが見つかったのは約2500年前のインドで、それ以来、世界各地で天然ダイヤが発見されています

ホンモノとニセモノでは出来上がるまでの時間が大きく違う
ホンモノとニセモノでは出来上がるまでの時間が大きく違う / Credit: pixabay

他方で、高価なダイヤモンドの需要は高く、人工的に作られた合成ダイヤモンドが世に出回るようになりました。

合成ダイヤにもいくつか種類があります。

最も有名な「キュービックジルコニア」は、ジルコニアという酸化物に他の化合物を加えて、人工的に結晶化させたものです。装飾用に開発されたもので、屈折率が天然ダイヤに近いことから、「模造ダイヤ」と呼ばれます。

こうした模造ダイヤと天然ダイヤは、パッと見では見分けがつきません。

それでは、どのようにして本物と偽物を識別すれば良いのでしょうか。

次ページ本物と偽物の簡単な見分け方

<

1

2

>

地球科学geoscience

もっと見る

Special

注目pick up !!