“名画には時代によって隠されたパターンがある”と判明! 1万5000点の絵画を「情報分析」した結果

絵画を支配する隠れたパターンが数学により明らかになった
絵画を支配する隠れたパターンが数学により明らかになった / Credit:PNAS
reference: inverse

傑作の隠れたパターン変化が明らかになりました。

10月12日に『PNAS』に掲載された論文によれば、500年間にわたる1万5000点の絵画を分析したところ、背後に潜むパターン変化を発見したとのこと。

画家たちは創造性を発揮して、独自の絵画を描いていたと信じていたでしょうが、時代によって人間の美的感覚を支配する制約が存在していたようです。

情報分析のメスは、絵画をどのように解剖したのでしょうか?

絵画を情報分析が解剖する

分割線は絵画のなかで最も色の変化が激しい部分から順に引かれていく
分割線は絵画のなかで最も色の変化が激しい部分から順に引かれていく / Credit:PNAS

歴史上、多くの美術家や評論家は名画を分析し、議論することに人生を捧げてきました。

しかし評論の多くは主観によるものであり、当然ながら科学的な分析とは一線を画すものでした。

そこで研究者たちは、芸術に時間を超えた普遍性があるか、またあるとしたら、それらの原則が時間と共にどのように変化していくかを調べることにしました。

絵画の分析にあたっては、客観性を維持するために、肉眼ではなくコンピュータのプログラムを使用したとのこと。

このプログラムは上の図のように、絵画を色彩によって分割できるラインを検出するように作られています。

また分割線には最も際立ったラインから順に番号がつけられました。

上の図ならば、水平線に沿った横のラインが1番で、左側の建物の柱に沿ったラインが2番…となります。

研究者たちは、過去500年間にわたって、主にヨーロッパで描かれた1万5000点の「風景画」に対して、これらのラインのパターンと位置を記録していきました

もし画家たちが自身の独創性のみで絵画を描いているならば、ラインのパターンと位置はランダムとなります。

しかし、この分析により以外な事実が判明しました。

分割線は時代を写す

かつて「横ー縦」型は支配的なパターンだった
かつて「横ー縦」型は支配的なパターンだった / Credit:PNAS

まず明らかになったのは、ラインのパターンでした。

分割パターンの1番目と2番目のみに注目した結果、1600年代から1700年代にかけては、1番目が横で2番目は縦という「横-縦」のパターンが主流であることがわかりました

何かが画家たちの精神を変えて「横ー横」型が隆盛した
何かが画家たちの精神を変えて「横ー横」型が隆盛した / Credit:PNAS

しかし世界が産業化する1800年代に入ると、1番目も2番目も横である「横-横」が優勢となり、現代においてもその傾向は続いていたのです

「縦ー横」型と「縦ー縦」型はどの時代でも一定数存在している
「縦ー横」型と「縦ー縦」型はどの時代でも一定数存在している / Credit:PNAS

一方で「縦-横」と「縦-縦」の分割パターンは全体に対して、常に一定の割合で存在していることがわかりました。

Credit:PNAS

上のグラフでは、分割線パターンの歴史的な推移をまとめたものになります。

この事実は、絵画の基本的な構成に、芸術家個人の独創性以外の何かが働いていることを意味します。

また研究者たちは、この分割パターンが国籍とは無関係であることも示しました。

地平線の位置の歴史的変遷

1650年前後の時代、人類は最も空を描いた
1650年前後の時代、人類は最も空を描いた / Credit:PNAS

次に研究者たちは、横の分割ラインを集中的に分析することにしました。

一番際立った横の分割ラインは、多くの風景画において地平線になっています

研究者たちは、この地平線のラインもまた、時代によって偏りがあると考えたからです。

分析を行った結果、予想は的中しました。

上の図は、20年ごとに、その時代で描かれた作品の地平線の位置であり、時代によって大きく上下に動いていることがわかります。

1500年代は概して地平線が高いラインにあり、地面を描く割合が高くなっています(図の1)。

1700年代から1800年代の半ばまでは地平線が中央に描かれることが多くなりました(図の3)が、1800年代後半から現代にいたる時代では、再び地平線の位置が高くなり、地面側が多く描かれるようになります(図の4)。

ですが特出すべきは1650年に前後する時代です。

この時代は地平線の位置が全期間を通して最も低く「人類が最も空を描いた時代」となりました(図の2)。

さらに興味深い点は、ほとんどの時代において、分布が山のようになっていることです。

もし画家たちが自分たちの独創性のみで絵画を描いた場合、複数の放物線からなるデコボコした形になるはずです。

しかし、この事実は「地平線」のような中立的な分割線にも、時代によって支配的な流行があることを意味します。

各時代にある隠された何かが、画家たちの描く風景画の地平線の位置を、特定の位置に誘導しているようです。

そして画家たちは意識的・無意識的にも、この支配から逃れられられませんでした。

時代からの逸脱

古いパターンを逸脱した先が新たな標準になることもある
古いパターンを逸脱した先が新たな標準になることもある / Credit:deposotphotos

今回の研究により、風景画における地平線をはじめとする分割ラインが、時代ごとに支配的なパターンをつくることが明らかになりました。

各時代における文化や科学、信仰などの要因が芸術家の精神に大きく影響し、画家たちの美意識に国籍を超えた影響を生みだしていたようです。

しかし画家たちは常に時代の流れに従っていたわけではありません。

特定の画家たちは、時代の趨勢から大きく逸脱していました。この「流行破壊」とも呼べる逸脱は、時に新しい時代の標準として取り入れられることもありました。

研究者たちは今後、同様の分析を、オンライン上に存在する写真に対しても行っていく予定です。

私たちが何気なく写真に収めた風景の構図もまた、今という時代の支配を受けているかもしれませんね。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG