駆除不可能!? 人工「クローン増殖ザリガニ」がベルギーで大量発生中

自己増殖する「ミステリークレイフィッシュ」
自己増殖する「ミステリークレイフィッシュ」 / Credit: dailymail

現在、ベルギー北部・アントウェルペンにあるSchoonselhof墓地周辺で、「ミステリークレイフィッシュ」というザリガニが大量発生しています。

このザリガニは、自己増殖(セルフクローニング)で繁殖するため、子孫を残すのに交尾を必要としません。

本来、自然下には存在せず、人によって実験的に作り出された生物と言われています。

野生での繁殖を止めるのはほぼ不可能で、ベルギー現地の生態系も危険にさらされているとのことです。

驚異の”クローン増殖”、生まれる個体はすべてメス

専門家によると、ミステリークレイフィッシュは、1990年代にドイツのペット商によって人工的に生み出された動物です。

公式記録では1995年にドイツで取引されたのが最初であり、フランクフルトで開催された動物売買のフェアで出品されていたといいます。

正体不明のミステリアスさが愛好家の間で人気を集め、ヨーロッパ各地へと広がっていきました。すでに日本の水域でも発見が確認されています。

すべてメスで遺伝子もまったく同じ
すべてメスで遺伝子もまったく同じ / Credit: dailymail

最大の特徴は、単為生殖で増え続けることです。

生後およそ250日で性的に成熟し、交尾なしで大量の卵を産みます。最も近縁とされるアメリカ原産の「スロウザリガニ」の産卵数が平均130個であるのに対し、ミステリークレイフィッシュは平均730個に達します。

生まれる個体はすべてメスであり、遺伝子的にもまったく同じです。

現時点で根絶はほぼ不可能

今回調査を行ったフランドル自然・森林研究所(INBO)によると、最初に墓地周辺で数百匹のザリガニが見つかってから、個体数が爆発的に増加しており、アントウェルペンの他地域でも目撃情報が相次いでいます。

ミステリークレイフィッシュの全長は10センチほどで、夜間に半径2キロの距離まで移動し、深さ1メートルの穴を掘ることができます。

食べられるものなら何でも口にするため、地元の生態系にとっては危険な存在です。

目撃情報が相次ぐ墓地
目撃情報が相次ぐ墓地 / Credit: dailymail

さらに、単為生殖のせいで増殖スピードが速く、遺伝的にすべて同一であるため、最初の群れがどこから来たのかを突き止めることもできません。

研究チームのケビン・シーアーズ氏は「おそらく、自宅で飼っていた個体が自己増殖でどんどん増えてしまい、飼い主が野生に放してしまったのでしょう」と指摘します。

また「すべての個体を見つけ出すのは不可能で、効率的に駆除する方法も存在しない」といいます。スペインでは毒物を使った駆除実験が試みられていますが、ベルギーでは認可されていません。

ヨーロッパでは2014年に、ミステリークレイフィッシュの取引や生産、輸出、遺棄などが全面的に禁止されています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG