サーモグラフィから顔を合成することに成功! 監視カメラや生体認証での応用も

technology 2018/04/17
Credit:Science Daily
Point
・アメリカ軍事研究所がサーモグラフィで人の顔を再現する技術を開発
・人の顔を学習した人工知能によって、サーモグラフィ内の顔の特徴から画像を生成
・監視カメラや生体認証など、暗闇の中での顔面認識が可能

サーモグラフィによって、人の顔をリアルに再現することに成功しました。

アメリカ陸軍研究所が、AIと機械学習を用いてサーモグラフィから顔を合成できる技術を開発しました。この技術では、人の顔を学習させたディープラーニングを用いて、サーモグラフィから読み取れる顔の特徴を読み取り、写真のように目視できるまでに画像を生成しています。

一般的に、通常のカメラでは薄暗い場所や真っ暗な所では光が不十分で、顔面を識別するのは非常に難しいです。しかし、サーモグラフィカメラの場合は体温を検出しているので、暗い所での顔面識別に向いています。この特性から、今回の技術は監視カメラや生体認証の応用が期待されています。

また、この技術は、GANと呼ばれる最新の画像生成モデルの技術よりも高いパフォーマンスを発揮しました。研究チームのベンジャミン・リーガン氏は、夜間の監視能力を強化させるためにさらにこの研究を進めたいと述べています。

 

via:Phys.org/ translated & text by ヨッシー

 

関連記事

AIが笑顔だけで人の性別を当てることができるように

AIだって「精神」を病む。人工知能にも「抗うつ剤」が必要になる可能性

SHARE

TAG

technologyの関連記事

RELATED ARTICLE