全長30μmの「世界最小のボート」
全長30μmの「世界最小のボート」 / Credit: Leiden/Softmatter
technology

“化学反応”で推進する0.02ミリの「世界最小マイクロボート」が誕生!体内での薬の輸送に使われる (2/2)

reference: diazhub, engadget
2020.10.30 Friday

マイクロボートは”化学反応”で推進する

マイクロボートは、推進するためのプロペラを持っていませんが、化学反応を利用することで流体中を移動できます。

クラフト氏によると「マイクロボートに装着したプラチナ層が、環境中の過酸化水素と反応して、水と酸素に分解させ、その際に生じる酸素の微小な放出泡で推進力を得る」とのこと。

プラチナ層(白金)と過酸化水素の反応で動く
プラチナ層(白金)と過酸化水素の反応で動く / Credit: Leiden/Softmatter

当面の目標については「マイクロボートで流体内に潜む細菌などの微粒子を追跡し、その動きや働きをよく詳しく理解すること」と話します。

マイクロボートは、細菌より6倍ほど大きいので、サンプル採取にも応用できるかもしれません。

最終的には、体内の健康診断や薬の輸送などに使われる予定ですが、マイクロボートはあくまで3Dプリントの技術力を確かめるためのものなので、実用化の段階では、別の効率的なデザインを採用するとのことです。

今回の中では、コルク抜きのような動きで体内のサンプルを採取しやすい「らせん型」が最適だといわれています。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!