タコの足は「味覚」を持つ?
タコの足は「味覚」を持つ? / Credit: Lena van Giesen
animals plants

タコの足は「味覚」を感じて、”脳がなくても”獲物を識別できると判明 (2/2)

2020.10.31 Saturday
sciencealert https://www.sciencealert.com/octopus-can-taste-things-with-their-eight-arms-here-s-how, dailymail https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-8893605/Octopuses-taste-things-just-touching-study-says.html

タコ足は「味覚」によって対象を識別していた

また、走化性受容体は、触れるものによって異なる反応を示しました。

例えば、タコが好物とするカニや小魚に接すると、一部の走化性受容体が強く活性化することが分かっています。

実験の様子
実験の様子 / Credit: Peter Kilian

さらに、タコが捕食する生物の中には、防御や警告のシグナルとして水に溶けにくい「テルペノイド」という化学物質を産生するものがいます。タコはこうした分子に反応して、有害なエサを避けるようにしていたのです。

ベローノ氏は「タコの走化性受容体は、さまざまな風味のする分子を味覚することで、好物の味や不快な味、あるいは危険な味などを見極めているのでしょう。この働きにより、タコの足は半自律的な器官として、外部情報を処理し、複雑な行動を作り出していたのです」と指摘します。

実験中のタコ
実験中のタコ / Credit: Lena van Giesen

研究チームは今後、走化性受容体が他の多くの天然化合物に反応できる可能性があることから、調査を継続する予定です。

タコの足の情報処理能力をより深く理解することで、全ニューロンの3分の2が足に集約している理由も説明できると見られます。

それは単なる8本の足に過ぎませんが、「考える足」なのかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!