2本の釘が「イエスの磔刑」に使われた可能性が浮上、イエスを売った人物が持っていたものか

Credit: Israel Hershkovitz
reference: livescience

上の画像は、古代ローマ時代にさかのぼる錆びついた2本の釘です。

テルアビブ大学(イスラエル)は最新研究にて、「釘がイエスの磔刑に使用された”聖釘(せいてい)”の可能性が浮上した」と発表しました。

イエスとの直接的な繋がりが見つかったわけではなく、2本の釘が、イエスを磔刑のためにローマ総督に引き渡した大祭司カイアファ(在位18〜36年)の墓から見つかった可能性が示唆されたとのことです。

本研究は、聖釘について新たな議論を巻き起こしています。

研究は、『Archaeological Discovery』に掲載されました。

釘はどこからきた?

2本の釘は、テルアビブ大学のイスラエル・ハーシコビッツ氏が、1986年に亡くなった知人で人類学者のニク・ハースから譲り受けたものです。

イスラエル考古学庁(IAA)によると、ハースはカイアファのが発見される以前の1970年代に発掘されたある墓からそれらを入手したとのことですが、実際には釘がどの墓から得られたものかわかっていません。

ところが、2011年に発表され物議をかもしたドキュメンタリー『The Nails of the Cross(十字架の釘)』で、監督兼ジャーナリストのシムチャ・ヤコボビッチ氏が「2本の釘はもともとカイアファの墓にあったもの」と主張し、再び釘に注目が集まりました。

カイアファ(左)の前に立つイエス(右)
カイアファ(左)の前に立つイエス(右) / Credit: ja.wikipedia

問題のカイアファの墓は、1990年代に道路の敷設作業員によって発見されました。

墓には12の納骨箱が保管されており、側面に「Qayafa(=カイアファ)」の名が刻まれていたり、精巧な装飾が施されたものも見つかっています。

墓から見つかった納骨箱
墓から見つかった納骨箱 / Credit: Israel Hershkovitz

確かにカイアファは、イエスを引き渡した罰として、磔刑に使われた釘を終生持っていたと伝えられています。

しかし、2本の釘がカイアファの墓から取り出されたものとはまったく証明できていません。

カイアファの墓と釘に見つかった共通点とは

そこで研究チームは、2本の釘とカイアファの墓の納骨箱から採取した堆積物とを比較分析しました。

その結果、両サンプルの炭素と酸素の同位体比から、どちらも異常に湿度が高い環境で保管されていたことが判明したのです。

また、両サンプルとも、流水の浸食によってできる炭酸カルシウム層を有していました。

この結果は、カイアファの墓が当時、ローマ帝国の水路近くに位置し、氾濫時には水流に飲まれたるような場所にあった点からも一致します。

釘がカイアファの墓にあった可能性は高い?
釘がカイアファの墓にあった可能性は高い? / Credit: Aryeh Shimron

さらに2つのサンプルからは、特殊な菌類の痕跡も発見されました。

この菌類は酵母菌の一種で、湿った環境でのみ生育し、エルサレムにある他の墓では見られないとのことです。

ここから同チームは「2本の釘がカイアファの墓に保管されていた可能性は十分ある」と指摘します。

それから、電子顕微鏡を使った分析で、釘に木くずと骨の微小な断片も発見されました。

釘から木くずや微小な骨が発見s慣れた
釘から木くずや微小な骨が発見s慣れた / Credit: Aryeh Shimron

研究主任のアレイ・シムロン氏は「古代ローマでは磔刑が一般的な刑罰になっていたため、イエスでなくとも、誰かの刑に使われた可能性は高い」と述べました。

また、釘が2本とも曲がっているのは、十字架に貼り付けた手が落ちないようにするためと見られます。

聖釘は本当に存在するのか?

本研究は、釘がカイアファの墓に保管されていたことを示唆しただけであり、カイアファが聖釘を持っていた証拠はありません。

シムロン氏も「2本の釘が聖釘である可能性はあるが、やはり推測の域を出ない」と話しています。

Credit: Aryeh Shimron

そもそも、イエスの磔刑に釘は使われたのでしょうか。

イエスの磔刑は、西暦33年4月3日金曜日に執行されたと伝えられますが、実は興味深いことに、聖書内には磔刑に釘が使われたという記述はないのです。

それでも、世界中には聖釘として祀られている遺物が30本はあると言われています。

今回の釘もそのうちの一つなのかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG