タカの飛び方にヒントを得た「新型ドローン」が登場、”翼と尾”を持つメリットとは?

猛禽類にヒントを得たドローン
猛禽類にヒントを得たドローン / Credit:EPFL
reference: techxplore

近年、様々なタイプの無人航空機(通称: ドローン)が研究されており、最近新たに「猛禽類(もうきんるい)の飛び方を参考にしたドローン」が開発されました。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のロボット工学者ダリオ・フロレアーノ氏ら研究チームが、10月28日付けの科学誌『Science Robotics』にオオタカのように翼を変形させて飛ぶドローンを発表したのです。

この新しい構造を採用することにより、ドローンでも俊敏かつ長時間の飛行が可能になります。

>参照元はこちら(英文)

オオタカからヒントを得た「モーフィング翼」

新ドローンはオオタカのように翼と尾を変形させて飛ぶ
新ドローンはオオタカのように翼と尾を変形させて飛ぶ / Credit:EPFL

オオタカは、障害物の多い森の中でも自由に高速飛行できる猛禽類です。

そして同研究チームのエンリコ・アジャニック氏はオオタカについて次のように述べています。

「オオタカは、森で狩りをするときの急速な方向転換、開けた地形で獲物を追うときの高速飛行、エネルギーを節約するための高効率な滑空など、目的に合わせて翼と尾翼を変形させます」

滑らかに変形するモーフィング翼
滑らかに変形するモーフィング翼 / Credit:EPFL

このオオタカの飛行方法に着目した研究チームは、オオタカの翼と尾の構造を模した「モーフィング翼」を設計することにしました。

モーフィング翼とは「滑らかに形状を変形させる翼」のことであり、状況に応じて翼の向きや形、幅、面積を微調整します。

次ページ猛禽類のような俊敏なドローン飛行が可能に!

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG