腸内細菌は放射線耐性を授ける
腸内細菌は放射線耐性を授ける / Credit:Science
medical

2021.01.27 Wednesday

2020.11.14 Saturday

「放射線に強い人体」の原因物質が判明 特殊な腸内細菌バランス (2/6)

前ページ致死的な放射線に生き残る「謎の10%」は長年無視されてきた

<

1

2

3

4

5

6

>

10%を調べると特殊な腸内細菌バランスを持っていた

放射線から生き延びた1割は特殊な腸内細菌バランスを持っていた
放射線から生き延びた1割は特殊な腸内細菌バランスを持っていた / Credit:Science

そこでハオグオ氏らは次に、生き残ったマウスの腸内細菌を複数のマウスに移植し、再び致死的な放射線を浴びせました。

結果、劇的な死亡率の低下と生存時間の延長が観察されました。

この結果を受けて、ハオグオ氏らは腸内細菌バランスと放射線耐性の強い関連性を確信します。

問題は、どの種類の菌が鍵となっているかです。

そこでハオグオ氏らは生存マウスから得られた腸内細菌を1つずつ単離し、通常マウスに移植して致死的放射線を浴びせる実験を根気強く続けました。

結果、20種ほどの菌が生存能力にかかわっていることが判明し、中でもラクノスピラ科として知られる細菌が、最も放射線耐性を高める効果があることが判明します。

ラクノスピラ科の細菌はウシやヒトの腸内にも生息することが知られている細菌群です。

次ページ腸内細菌がなぜ放射線耐性をうみだすか

<

1

2

3

4

5

6

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!