腸内細菌は放射線耐性を授ける
腸内細菌は放射線耐性を授ける / Credit:Science
medical

2021.01.27 Wednesday

2020.11.14 Saturday

「放射線に強い人体」の原因物質が判明 特殊な腸内細菌バランス (5/6)

前ページ特殊な腸内細菌バランスはヒトにも放射線耐性を与える

<

1

2

3

4

5

6

>

原因菌を超えて原因物質を探る

なぜプロピオン酸が放射線から幹細胞を守るのかまではわかっていない
なぜプロピオン酸が放射線から幹細胞を守るのかまではわかっていない / Credit:wikipedia

しかしハオグオ氏はまだ満足しません。

なぜなら原因菌は確認したものの、原因物質はまだみつかっていなからです。

原因物質がみつかれば、放射線治療の副作用軽減薬や放射線耐性薬になる可能性があります。

そこでハオグオ氏は耐性付与菌が生産する物質を1つずつ抽出し、どの物質が放射線耐性に影響しているかを、再びマウスに対する放射線照射実験で確かめました。

結果、プロピオン酸とトリプトファンの分解産物(I3AとKYNA)に耐性付与効果が確認されました。

プロピオン酸はお菓子などの保存料として使われている添加物として知られており、取り過ぎが肥満や糖尿病の悪化につながるとされています。

またトリプトファンは必須アミノ酸の1つとして知られています。

次ページ腸内細菌を甘く見てはいけない

<

1

2

3

4

5

6

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!