「雷を自在に操る」新技術が登場! レーザーで危険な落雷を、線を描くように誘導できる

広い平原や森などは、避雷針を立ててもどこに雷が落ちるかはわからない。
広い平原や森などは、避雷針を立ててもどこに雷が落ちるかはわからない。 / Credit:depositphotos

英語には「Lightning never strikes twice in the same place.(雷が同じ場所に二度落ちることはない)」ということわざがあります。

海外ドラマCSIには「いや、エンパイアステートビルには年間20回も落雷が発生してる」と切り返すキャラクターが登場しますが、高層ビルの避雷針に雷が落ちるのは人間が狙ってやったことであり、むしろ人類が自然を制御した成果といえるでしょう。

しかし、開けた場所で落雷地点を制御するのは非常に難しい問題です。これを制御するため、レーザー誘雷技術が研究されています。10月20日にオープンアクセスジャーナル『Nature Communications』に発表された研究では、非常に弱いレーザー強度で精密な雷の誘導を実現させる新技術について報告を行っています

>参照元はこちら(英文)

雷を安全に誘導するレーザー誘雷技術とは?

レーザー誘導のイメージ動画。
レーザー誘導のイメージ動画。 / Credit:euronews Knowledge,The scientists who are ‘struck’ by lightning

雷は古来から人間が恐れてきた自然災害の1つです。

現代でも、精密機器の破壊や山火事など、さまざまな被害をもたらしています。

一般的な雷対策は避雷針を建てることですが、落雷はかなりランダムな現象でたとえすぐ近くに避雷針があったとしてもうまくそちらに落ちてくれるとは限りません。

特にオーストラリアでは森林への落雷による山火事の発生が大きな問題になっています。山岳地や平原など開けた自然環境では、落雷を安全に避雷針へ落とすというのはかなり難しい問題なのです。

そこで注目されている技術がレーザー誘雷です。

これは高強度のレーザーによって大気中の分子を破壊してプラズマを作り、避雷針へ雷を誘導する導線を大気中に作り上げるというもので、1974年にベルによって提案されて以降、長く研究が続けられています。

しかし、プラズマが1度形成されてしまうと、それがレーザーを吸収・散乱させてしまうため、継続時間が維持できなかったり、エネルギー効率の問題などがあり、まだ完全に成功している技術ではありません。

次ページ低強度で持続する精密なレーザー誘雷技術

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG