絶海の孤島を「地球最大の生態系スポット」にするプロジェクトが進行中

トリスタン・ダ・クーニャ島
トリスタン・ダ・クーニャ島 / Credit: Andy Schofield/RSPB/PA

大西洋に浮かぶ孤島トリスタン・ダ・クーニャ(Tristan da Cunha)」を地球最大級の生物保護区にするプロジェクトが進行中です。

イギリスの海外領土であるこの島は「世界一孤立した有人島」としてギネスブックに載っており、最も近い陸地でさえ2400キロ離れています。

本プロジェクトでは、島の周囲約68万平方キロを保護区に指定し、島民以外の立ち入りや漁業、海底探鉱など、一切の活動を禁止する予定です。

詳しい概要は、11月10日付けで『PNAS』に掲載されています。

>参照元はこちら(英文)

世界最大の”生態系のホットスポット”に

トリスタン・ダ・クーニャは、南大西洋にポツンと浮かぶ孤島で、約2400キロ北にセントヘレナ島、約2800キロ西にケープタウンがあります。

島には250名ほどの島民が生活しており、豊かな生態系を守っています。

アホウドリやイワトビペンギン、アザラシ、クジラ、サメなど、動物相が豊富で、生態系の保護にとっては理想的な場所です。

島に生息するイワトビペンギン
島に生息するイワトビペンギン / Credit: Andy Schofield/RSPB/PA
アザラシ
アザラシ / Credit: Andy Schofield/Pew Charitable Trust
アホウドリ
アホウドリ / Credit: Andy Schofield/Pew Charitable Trust

島民総代のジェームズ・グラス氏は「私たちの生活はずっと海との関係を基盤にしてきましたし、それは今も変わりません。島のコミュニティは環境保全と深く関わっており、すでに陸地の半分以上が保護区域となっています。

「また、​海は私たちの重要な資源であり、島の経済、ひいては島民の将来的な生活にとって欠かせません。現時点で、島周辺の約90%の海域を完全に保護しており、世界的な海洋保全にも貢献していきたいと考えています」と話しました。

次ページイギリス「2030年前に世界の30%の海を保護」

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG