犬のマダニは、気温が上がるとターゲットを人に変える

実験の様子
実験の様子 / Credit: Don Preisler-UC Davis School of Veterinary Medicine

カリフォルニア大学デービス校の研究により、致死性の病原菌を運ぶマダニは、気温上昇にともない、宿主の好みを犬から人に変えることが判明しました。

マダニが媒介する病気は「ロッキー山紅斑熱 (以下、RMSF)」と呼ばれ、治療が遅れれば、5人に1人が死亡するリスクを持ちます。

研究主任のローラ・バックス氏は「温暖化によってマダニの生息範囲が広がり、RMSFの発症率も増加すると見られる」と述べています。

マダニが媒介する病気、発見が遅れると「致死率20%」に

RMSFを媒介するのは「Brown dog tick」という主にに寄生するマダニの一種で、世界中の温帯地域に分布します(日本にも生息)。

最も被害の多いアメリカでは、過去20年でRMSFの患者が劇的に増え続けており、特に、平均気温の高い南部州で集団発生が多発している状況です。

RMSFを媒介するマダニ
RMSFを媒介するマダニ / Credit: Centers for Disease Control and Prevention

RMSFは、感染初期に発見されれば抗生物質で簡単に治療できますが、発見が遅れると患者の致死率は20%を超えます。

潜伏期間は3〜12日で、初期症状は頭痛、筋肉痛、軽い発熱など、一般的な病気と誤認されやすいです。

そのため、病気を放置するケースも多く、悪化すれば血管の損傷、心臓、肺、脳の炎症、腎不全を引き起こします。

研究チームは、このマダニが気温の上昇にともない、寄生対象を犬から人に変える傾向があることを知り、調査を行いました。

次ページ高温下でターゲットが人に変わる

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG