ワクチンの予防接種。
ワクチンの予防接種。 / Credit:pixabay
medical

ワクチンにも種類がある。生ワクチンと不活化ワクチンのお話

reference: the guardian
2020.11.21 Saturday

現在世界中の研究者たちが急ピッチでCovid-19に対するワクチン開発を進めていますが、ワクチンが完成すればもう何も心配はいらないのでしょうか?

かつて世界で猛威を奮った感染症「ポリオ」は、予防接種の成果によってほぼ野生のウィルスはいなくなったと言われています。しかし、代わりにワクチン由来のウィルスがアフリカやアジアで増えつつあるというニュースがあります。

ポリオで聞かれるワクチン由来のウィルスとは一体なんでしょう? ワクチンにはどのような種類があり、どのようなメリット、デメリットが潜んでいるのでしょうか? 関心が高まっているこの機会におさらいしておきましょう。

ワクチンは何をするものか?

ワクチンは安全なウィルス。
ワクチンは安全なウィルス。 / Credit:depositphotos

ワクチンとは毒性を弱めたウィルスや、病原を体内に入れて身体が安全に抗体を作れるようにした薬です。

病気はお医者さんが治してくれるというイメージがありますが、実際医療にできることは身体が病気を駆逐するためのサポートをすることだけです。

病気を治すには、身体の免疫系が自らの力で病原に打ち勝つ以外にありません。

そのために必要となるのが、各病気に対する「抗体」です。対応するウィルスへの抗体があれば、身体は病原を体内で増殖させることなく、毒も無効化させて殲滅することができます。

ただ、抗体を作るためには病原を調べて攻略する必要があります。獰猛な敵を戦いながら相手を調べるのは至難の業です。

ワクチンを使った予防接種は、そんな攻略を安全に行うため無力化させた敵を体内に送り込んで抗体を作っているわけです。

このワクチンには2つの種類があります。1つは生ワクチン、もう1つは不活化ワクチンといいます。

次ページ生きたウィルスを使う「生ワクチン」とウィルスはいない「不活化ワクチン」

<

1

2

3

4

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!