イヤホンにさよなら。 超音波で自分にだけ音を伝えるスピーカーがあと1年で登場!

新しいスピーカーSoundBeamerは、対象者だけにヘッドホンやイヤホンなしで音を届ける
新しいスピーカーSoundBeamerは、対象者だけにヘッドホンやイヤホンなしで音を届ける / Credit:Associated Press
reference: apnews

音楽を聞くためにイヤホンやヘッドホンをする時代が終わるかもしれない…スゴイ技術が登場しました。

ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンとは別次元の新しいデバイスをイスラエルの企業NovetoSystemsが発表。

新しいスピーカーであるSoundBeamerは、対象者のみにヘッドホンやイヤホンなしでサウンドを届けることができるとのこと。

超音波が対象者の耳を追尾して音を届けるため、身体を動かしても音が聞こえなくなることもないそうです。

ヘッドホンせずに1人でサウンドを楽しめる第3のオーディオタイプ「SoundBeamer」

従来のオーディオ機器は、周囲の人すべてに大音量サウンドを届けるスピーカータイプと、自分だけに音を届けるイヤホン・ヘッドホンタイプの2種類だけでした。

テクノロジーの進歩によってワイヤレスイヤホンが登場し、より快適になりましたが、未だに装着感を拭うことはできません。

それでも多くの人が「1人で音を楽しみつつ、装着感から解放されたい!」と望んできたのではないでしょうか。

SoundBeamer
SoundBeamer / Credit:NovetoSystems

そんな願いをかなえる第3のオーディオ機器が1年後に発売されるとの報告が上がっています。

新しく作られたSoundBeamerというスピーカーは、超音波によって1人のリスナーに直接サウンドを届けることができるというのです。

NovetoSystemsによると、リスナーはイヤホンなどを装着したり耳に特定の装置を埋め込んだりする必要がありません。

SoundBeamerはリスナーの耳の位置を特定し、超音波でサウンドホールを作り出す

この新しい技術は特許が申請されており、現段階では詳しく説明されていません。そのため判明しているのは、公開されたわずかな情報のみです。

耳の位置を特定し、サウンドホールをつくる
耳の位置を特定し、サウンドホールをつくる / Credit:Associated Press

その情報によると、まずSoundBeamer には、3Dセンシングモジュールと呼ばれる3次元情報を取得する機器が用いられるとのこと。

例えば一般的なカメラは2次元の画像データを取得できますが、3Dセンシングモジュールはそこに深度(距離情報)を加えることができます。

この装置を使用しリスナーの耳の位置を特定。その後、耳の周りに超音波でサウンドポケットを形成するというのです。

このサウンドポケットは大きなヘッドホンのように耳を覆い、360°すべての方向から臨場感溢れるサウンドが聞こえるようにします。

またサウンドポケットは対象者のみに形成されるため、周囲には音が漏れません。

耳や頭に何かを装着することなく、自分だけの世界を楽しめるのです。

動いてもサウンドポケットは追尾してくる
動いてもサウンドポケットは追尾してくる / Credit:Associated Press

さらにこのサウンドポケットはリスナーの耳を追尾するようになっており、リスナーが頭を動かしても音が聞こえなくなることはありません。

実際、NovetoSystemsが提供したデモでは、SoundBeamer使用者がゲームを楽しみましたが、周囲にはゲーム音声が聞こえることはありませんでした。

未知の体験は2021年12月に!

SoundBeamerはヘッドホンとも異なる未知の感覚
SoundBeamerはヘッドホンとも異なる未知の感覚 / Credit:Associated Press

NovetoSystemsのCEOであるクリストフ・ラムスタイン氏は、初めてのSoundBeamer体験の後、他のオーディオ機器との違いを次のように説明しました。

「私は、『これはヘッドホンと同じか?』と自問しましたが、確かに異なっています。自由があるのです。ここで実際に何かが起きているようなサウンドが頭の中で再生されているのですが、それが何かを説明するのは難しいです」

従来のオーディオ機器とは全く異なる技術ゆえ、その感覚を言葉で表すのは難しいのでしょう。

さて、SoundBeamerが本当に発表通りのシステムを備えているなら、私たちの生活は大きく変わるはずです。

SoundBeamerは様々なシーンで活躍するはず
SoundBeamerは様々なシーンで活躍するはず / Credit:Associated Press

職場では同僚を邪魔することなく音楽や会議を聴けます。これにより外部からの声が聞こえなくなることもないのです。

また音楽を聴きながらトレーニングする際も、他人を邪魔したり、イヤホンが汗で汚れたりすることもありません。長時間のゲームや音楽視聴で耳が痛くなることもないでしょう。

現在、小型タイプのSoundBeamerを準備中とのことで、2021年12月に販売予定です。未知の体験まであと1年なのです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード
あわせて読みたい

SHARE

TAG