イヤホンにさよなら。 超音波で自分にだけ音を伝えるスピーカーがあと1年で登場!

新しいスピーカーSoundBeamerは、対象者だけにヘッドホンやイヤホンなしで音を届ける
新しいスピーカーSoundBeamerは、対象者だけにヘッドホンやイヤホンなしで音を届ける / Credit:Associated Press
reference: apnews

音楽を聞くためにイヤホンやヘッドホンをする時代が終わるかもしれない…スゴイ技術が登場しました。

ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンとは別次元の新しいデバイスをイスラエルの企業NovetoSystemsが発表。

新しいスピーカーであるSoundBeamerは、対象者のみにヘッドホンやイヤホンなしでサウンドを届けることができるとのこと。

超音波が対象者の耳を追尾して音を届けるため、身体を動かしても音が聞こえなくなることもないそうです。

ヘッドホンせずに1人でサウンドを楽しめる第3のオーディオタイプ「SoundBeamer」

従来のオーディオ機器は、周囲の人すべてに大音量サウンドを届けるスピーカータイプと、自分だけに音を届けるイヤホン・ヘッドホンタイプの2種類だけでした。

テクノロジーの進歩によってワイヤレスイヤホンが登場し、より快適になりましたが、未だに装着感を拭うことはできません。

それでも多くの人が「1人で音を楽しみつつ、装着感から解放されたい!」と望んできたのではないでしょうか。

SoundBeamer
SoundBeamer / Credit:NovetoSystems

そんな願いをかなえる第3のオーディオ機器が1年後に発売されるとの報告が上がっています。

新しく作られたSoundBeamerというスピーカーは、超音波によって1人のリスナーに直接サウンドを届けることができるというのです。

NovetoSystemsによると、リスナーはイヤホンなどを装着したり耳に特定の装置を埋め込んだりする必要がありません。

次ページSoundBeamerはリスナーの耳の位置を特定し、超音波でサウンドホールを作り出す

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG