お待たせ! Twitterで話題になった『物理フリックキーボード』が販売を再開

technology 2018/04/19
Credit:Switch Science

昨年11月末にTwitterで話題となった、『物理フリックキーボード』が販売を再開しました(2018/4/19現在)。制作者は大学生の@junya28nyaさんで、スイッチサイエンスにてキットとして販売されています。

物理フリックキーボードとは、スマホ上での文字入力方法の1つであるフリック入力を、スイッチやアナログスティックなどを使って物理的に再現したものです。

アイデア自体はGoogle Japanが2016年のエイプリルフールネタでブログで紹介していたものですが、まさかの実現。

Googleが作った物理フリックキーボードは、スイッチ1つ1つをフリックするものでしたが、@junya28nyaさんが制作したものは基板ごとまとめてフリックして小型化しています。

物理フリックキーボードの動画をTwitterに投稿したところ、「面白い!」「視覚障害者の方もフリック入力できるかも?」と話題となりました。

販売されていたキットは大好評につき即完売。昨年12月頃にも再開していたのですが、それも売り切れという人気具合です。

今回めでたく再販となった物理フリックキーボードは、スイッチサイエンスにて8,980円で販売中。ガジェット好きな人は、ぜひこの機械に物理フリックを試してはいかがでしょうか。

 

物理フリックキーボードキット(スイッチサイエンス):https://www.switch-science.com/catalog/3557/

 

text by ヨッシー

 

関連記事

GoogleがVRで世界の貴重な遺跡や建造物を3D保存、スマホやPCでも公開中!

世界最小5cmの携帯電話が小さすぎて英国議員に怒られる事態に

SHARE

technologyの関連記事

RELATED ARTICLE