新種のゴキブリ2種
新種のゴキブリ2種 / Credit: 法政大学
biology

日本で「新種のゴキブリ」を35年ぶりに発見! 家には出ない森の分解者

reference: 法政大学
2020.11.25 Wednesday

南西諸島で、新種のゴキブリ2種が発見されました。

本種は「ルリゴキブリ属」というブルーメタリックに黄帯をした、いわゆる”美しいゴキブリ”に分類されます。

日本でゴキブリの新種が見つかるのは実に35年ぶりです。

研究は、法政大学、竜洋昆虫自然観察公園(静岡)、鹿児島大学により報告されました。

小柄で美しい新種ゴキブリ

新種が見つかったのは、鹿児島〜沖縄に広がる南西諸島です。

日本原産のルリゴキブリ属は、石垣島、西表島に生息する「ルリゴキブリ(学名:Eucorydia yasumatsui、ユーコリディア・ヤスマツイ)」のみが知られています。

今回記録された新種のひとつ、「アカボシルリゴキブリ(学名:Eucorydia tokaraensis、ユーコリディア・トカラエンシス)」は、宇治群島、トカラ列島の悪石島、奄美大島、徳之島に分布していました。

翅にオレンジ色の紋を3つ持つのが特徴で、サイズは全長12.0~13.0mm(オス)と小柄です。

アカボシルリゴキブリ(オス)
アカボシルリゴキブリ(オス) / Credit: 法政大学

一方の「ウスオビルリゴキブリ(学名:Eucorydia donanensis、ユーコリディア・ドナンエンシス)」は、八重山列島の与那国島にのみ生息し、青みがかった紫色のボディに薄ぼんやりしたオレンジの紋が特徴的です。

サイズは全長12.5~14.5mm(オス)とこちらも小柄です。

ウスオビルリゴキブリ(オス)
ウスオビルリゴキブリ(オス) / Credit: 法政大学

いずれも稀種であり、オスメスを同時に採集することが非常に困難でした。

しかし、同チームの柳澤静磨氏(竜洋昆虫自然観察公園)による粘り強いフィールドワークと飼育の結果、幼虫〜成虫までを詳しく観察することに成功しています。

次ページ「森の分解者」として活躍するゴキブリ

<

1

2

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!