67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。
67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星。 / Credit:ESA/Rosetta/NAVCAM – CC BY-SA IGO 3.0
space
University of Turku https://www.utu.fi/en/news/press-release/researchers-discovered-solid-phosphorus-from-a-comet

2021.01.27 Wednesday

2020.12.06 Sunday

67P彗星の塵の分析から、生命誕生に重要な元素リンがついに発見される

地球に生命が誕生するために必要な材料は、彗星によって運ばれてきたと考えられています。

しかし、細胞やDNAの重要な材料であるリンだけが直接発見されてはいませんでした

9月25日に科学雑誌『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society(王立天文学会月報)』に発表されたフィンランドのトゥルク大学の研究では、リンがついに67P彗星から発見されたことを報告しています

これで生命に必要な重要元素が、すべて彗星から発見できたことになります。

>参照元はこちら(英文)

67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の調査

ロゼッタにより約330kmの距離から撮影された67P彗星。
ロゼッタにより約330kmの距離から撮影された67P彗星。 / Credit:ESA/Rosetta/MPS for OSIRIS Team MPS/UPD/LAM/IAA/SSO/INTA/UPM/DASP/IDA

今回の研究が報告するのは、1969年にロシアの科学者によって発見された、6年半の周期で太陽を回る67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星です。

2014年に欧州宇宙機関(ESA)の探査機ロゼッタが到達し、彗星着陸なども含めた詳細な調査が行われています。

彗星が重要な調査対象とされるのは、彗星が太陽系の外縁オールトの雲やエッジワース・カイパーベルト帯からやってくるためです。そこは太陽系形成時の熱的変成を受けなかった領域で、彗星は太陽系初期の情報を保存したタイムカプセルと言えるのです。

そしてこの彗星は、初期地球に生命の原料となる有機物や海洋の元となった水を供給した可能性が高いと考えられています。

生命誕生に重要とされるのは、炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄という6つの元素です。この内、炭素、水素、窒素、酸素は彗星によく見られる主成分です。

硫黄については、これまでの調査で67P彗星から検出されていました。

ただ、リンだけは宇宙でも非常にまれな元素であり、彗星からもまだ発見されていなかったのです。しかし、リンは生命の細胞やDNAを作るために重要な元素であり、生命誕生になくてはならない重要な元素です。

これが見つからなければ、生命の原料を彗星が運んだという仮説は完成されません。

次ページついに彗星で発見されたリン

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!