ガラガラヘビの秘密は尻尾だけではない
ガラガラヘビの秘密は尻尾だけではない / Credit:Depositphotos
animals plants

ガラガラヘビのウロコには「ナノレベルの溝」が刻まれていて、水を貯めるコップの役割があった!? (2/2)

2021.01.28 Thursday

2020.12.06 Sunday

American Chemical Society https://www.youtube.com/watch?v=6d3LC2ucHfg&feature=emb_logo

ウロコに刻まれたナノレベル流路が水滴を捕まえている

(左)ニシダイヤガラガラヘビ , (中)(右)同地域に生息する他のヘビ
(左)ニシダイヤガラガラヘビ , (中)(右)同地域に生息する他のヘビ / Credit:American Chemical Society

ニシダイヤガラガラヘビのウロコを走査型電子顕微鏡で観察すると、ウロコに刻まれたナノチャネルを発見できます。

ナノチャネルとはナノレベルの溝のことであり、ニシダイヤガラガラヘビのウロコには、このナノチャネルが迷路のように張り巡らされているのです。

水分の蒸発映像。ナノチャネルに水分が浸透している様子が観察できる
水分の蒸発映像。ナノチャネルに水分が浸透している様子が観察できる / Credit:American Chemical Society

これはガラガラヘビ特有の構造であり、同じ地域に生息するヘビたちにはこのナノチャネルがありません。

ニシダイヤガラガラヘビは、ウロコに刻まれたナノチャネルが水滴をその場所に留めていたのです。

落ちてきた水滴がナノチャネルの溝に浸透することで、粘着性と疎水性を生み出し、水分をまとめ、流れ落ちないようになっています。

ニシダイヤガラガラヘビのウロコに落ちた水滴は保持される
ニシダイヤガラガラヘビのウロコに落ちた水滴は保持される / Credit:American Chemical Society

実際、最近の研究で撮影された映像では、他のヘビの上に落ちた水滴はすぐに流れ落ちるのに対し、ガラガラヘビのナノチャネルウロコに落ちた水滴はその場に保持される様子が確認できます。

同地域の一般的なヘビのウロコに落ちた水滴は、すぐに流れ落ちる
同地域の一般的なヘビのウロコに落ちた水滴は、すぐに流れ落ちる / Credit:American Chemical Society

ガラガラヘビは尻尾で敵を威嚇し、ウロコで飲み水を集めます。身体全体が生きていくための装備だったのです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!