飲酒による注意力低下の原因がやっと解明される!ADHDなどの治療にも役立つ研究結果

飲酒により注意散漫になる原因を解明
飲酒により注意散漫になる原因を解明 / Credit: Martin Paukert
参考文献: UT health

飲酒運転は非常に危険な行為です。

なぜなら飲酒によって注意散漫になり、事故する確率が大幅に上昇するからです。

飲酒が注意力を低下させることは一般常識ですが、その原因は最近ようやく解明されました。

アメリカ、テキサス大学アントニオ校ヘルスサイエンスセンターの研究者マーティン・ポーケルト氏らは、12月2日付の科学誌『nature communications』にて、エタノールが脳内で集中力を高める「ノルアドレナリン」の生成をブロックすると報告したのです。

>参照元はこちら(英文)

飲酒で注意散漫になるのは、ノルアドレナリンが抑制されていたから

エタノールによりノルアドレナリンが抑制され、注意散漫になる
エタノールによりノルアドレナリンが抑制され、注意散漫になる / Credit:Depositphotos

エタノールはアルコールの一種であり、一般的にエタノールが含まれた飲み物を「アルコール飲料」または「酒」と呼びます。

ポーケルト氏ら研究チームはアメリカのアルコール依存症研究所からの助成金によって、飲酒つまりエタノールが人の注意力を低下させる原因を調査しました。

その結果、内物質とエタノールの関係が新たに判明。

ポーケルト氏は次にように述べています。

「私たちが何かに集中したいとき、または椅子から立ち上がって活動的になるとき、脳幹ノルアドレナリン(またはノルエピネフリン)と呼ばれる化学物質を放出します」

「しかし、エタノール摂取がノルアドレナリン生成の信号を抑制してしまいます」

つまり私たちは通常、抗うつ剤としても有名なノルアドレナリン分泌によって集中力を高めていますが、飲酒するとノルアドレナリン生成が制限されるため、注意散漫になっしまうのです。

また今回の研究ではノルアドレナリンが制限される原因だけでなく、ノルアドレナリンが脳に与える影響も新たに解明されました。

次ページノルアドレナリンの行方が解明される

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG