都市のビルディングを始め人工物は生物の重量を上回った。
都市のビルディングを始め人工物は生物の重量を上回った。 / Credit:canva
geoscience

2021.01.27 Wednesday

2020.12.12 Saturday

2020年、世界の人工物の総重量が生物の重さを超えつつある!? 新しい地質年代の始まりか (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

ジャイアントインパクトの原因 「原始惑星テイア」は現在太平洋の下に埋もれている!?

前ページ人工物と自然生物の交差点

<

1

2

>

新しい地質年代「人新世」が始まっている

現代は地質学的には「完新世」と呼ばれる時代に当たりますが、すでにその完新世は終了しており、人類が地球や地質、生態系に重大な影響を与えたことによる新しい地質年代「人新世」が始まっているという提案があります。

今回の研究は、地球がその新しい地質年代「人新世」に突入していることのさらなる証拠になるだろうと言われています。

「人新世」の正式な始まりは1950年代で、ここから人類の人口と消費の「大加速」が始まったと考えられ、アルミニウム、コンクリート、プラスチックなどの材料の普及と時代が一致しています。

1900年から2020年までの人工物と自然生物の重量変化の比較イラスト。
1900年から2020年までの人工物と自然生物の重量変化の比較イラスト。 / Credit:anthropomass,canva,ナゾロジー編集部

人工物が地球を覆い、それは地球上の生命の重量を超えて地質年代にまで影響を与えるほどになりました。

その交差点となるのが今年だと言われると、年末を迎える今、なんとも感慨深いものがあります。

この事実は人類文明の偉大な発展と進歩の証とも言えるでしょう。

しかし、人間と自然との調和が崩れ始めたことも同時に意味しているのかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!