降り注ぐふたご座流星群のイメージ
降り注ぐふたご座流星群のイメージ / Credit:Depositphotos
space

2021.01.27 Wednesday

2020.12.11 Friday

13日の夜、ふたご座流星群が観測のピークに! 1時間に50個以上の流れ星が降る (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

終末世界:人類は最低何人いれば近親交配を避けて繁殖できるのか?

前ページふたご座流星群って何?

<

1

2

>

今年は13日夜から14日明け方までが見どころ!

2020年のふたご座流星群は12月14日(月)午前10時に極大となり、最も活動的になると予想されています。場所によっては1時間に100個以上の流れ星が観測できるでしょう。

もちろん、日本ではその時間帯に観測することはできません。そのため極大時刻の少し前、13日(日)の夜から14日(月)の明け方までが今年一番の見どころだと言えるでしょう。

この時間帯でもピーク時の7割ほどの流れ星が観測できますので、1時間に50個以上の流れ星を楽しめるはずです。

北半球から見た流星群(2013年12月)
北半球から見た流星群(2013年12月) / Credit:Asim Patel/Wikipedia

また12月15日(火)が新月であるため、月明かりの影響が少なく、今年は比較的条件が良いとも言えるでしょう。

是非、寒さ対策をしっかりと行ない、街明かりが少ない開けた場所に出かけてみてください。

NASAによると、「目を暗闇に合わせるのを忘れないでください。そうすればより多くの流れ星が見えるでしょう」とのこと。

さらに、「この調整には約30分かかる場合があるので注意してください。携帯電話の画面は見ないでください。暗視が損なわれます」ともアドバイスしています。

当日夜空を見上げると、弾丸の40倍以上速い、時速12万5000キロメートルの流れ星を観測できます。

今年も、黄、青、緑、赤とマルチに輝くふたご座流星群を楽しんでくださいね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!