はじめての大規模調査でチーズとワインの効果が再発見された
はじめての大規模調査でチーズとワインの効果が再発見された / Credit:Canva
health

チーズとワインは認知機能の低下を防ぎあう「最強の組み合わせ」だと判明!

2020.12.16 Wednesday
sciencedaily https://www.sciencedaily.com/releases/2020/12/201210145850.htm

チーズとワインが好きな人に朗報です。

『Journal of Alzheimer’sDisease』の11月号に掲載された論文によると、10年にわたる食品と認知力の関係を調べる調査が行われた結果、チーズと赤ワインが人間の晩年の認知力を強化することが示されました。

しかし着目すべきは、今回の研究はチーズとワインの健康効果「そのもの」だけを調べる調査ではなかった点です。

チーズとワインは平等な条件下で数々の食品の中から、効果を再発見されたのです。

>参照元はこちら(英文)

トップダウン型研究で健康食品を「探す」

特定の食品の効果ではなく、全ての中から効果があるものを探す
特定の食品の効果ではなく、全ての中から効果があるものを探す / Credit:Canva

これまでのチーズワインの研究は、それぞれの食品だけを対象に研究をしていました。

そのため結果として示されたのは、チーズをとると「〇〇が××%改善する」というものでした。

有用なデータであることには間違いありませんが、ただ結論を出すために相関関係を自由に解釈することができました。

そのため研究が進むと食品に効果が次々と付加され、糖尿病からがんまで、何にでも効く万能食ができあがる傾向があったのです。

これでは健康効果を調べる努力が、積み重ねの末に霧散しかねません。

一方で、今回の研究では幅広い食品の中から、認知機能の強化に役立つ食品を「探す」というコンセプトで行われました。

この方法では、どの食品にも公平に評価機会が割り振られ、認知力に対する影響度の大小が測られることになります。

従来の1つ1つの食品に焦点をあわせた研究がボトムアップ型とするならば、今回の研究は探索によるトップダウン型と言えるでしょう。

次ページチーズとワインの再発見

<

1

2

3

>

健康health

もっと見る

Special

注目pick up !!