タコが仲間にパンチをする理由は?
タコが仲間にパンチをする理由は? / Credit: canva
animals plants
iflscience https://www.iflscience.com/plants-and-animals/octopuses-will-punch-fish-when-hunting-alongside-them/, dailymail https://www.dailymail.co.uk/news/article-9079557/Octopuses-filmed-randomly-PUNCHING-fish-spite-hunting-alongside-them.html

2021.01.28 Thursday

2020.12.23 Wednesday

タコは「狩り仲間の魚にパンチをかます」ことが判明!何のために殴りつけるのか?

自然界では、種の異なる生物が手を組んで狩りをする光景がよく見られます。

その代表的が「タコと魚」です。

ところが、リスボン大学(ポルトガル)の最新研究で、狩りの最中にタコがパートナーの魚にパンチをかますという新たな習性が判明しました。

一体、何のために仲間を殴りつけたりするのでしょうか。

研究は、12月18日付けで『Ecology, the Ecological Society of America』に掲載されています。

>参照元はこちら(英文)

 

 

 

 

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

パンチはリーダーの責任感?それとも単なる嫌がらせ?

タコと魚は、お互いの長所を持ち寄って、ともに狩りをすることで有名です。

例えば、タコは岩やサンゴのすき間から隠れて獲物を追いかけ、魚はその周りを包囲して逃げ場をなくします。

仕留めたエサは平等に分け合い、タコが魚を殴りつけるようなことはまずありません。

ところが、研究チームが2018年と2019年に、エジプトとイスラエルの沖合いで撮影した映像にその様子が記録されました。

タコが仲間であるはずの魚に向かって、触手のパンチを繰り出していたのです。

タコが魚にパンチをするシチュエーションを調べてみると、いくつかの特定的なケースが見つかりました。

主には、魚をエサから遠ざける場合と、狩りのグループから完全に追い出す場合です。

例えば、タコの取り分を横取りしようとする魚がいれば、パンチを当てて追い払います。

それから、狩りに参加せず、何の貢献もしていない魚がエサを食べようとすると激しく殴りつけます。

タコのパンチには、ルールを守らない、あるいは楽して利益を得ようとする魚への戒めの意味があるのかもしれません。

魚にパンチをするタコ(中央)
魚にパンチをするタコ(中央) / Credit: youtube

研究主任のエドゥアルド・サンパイオ氏は「異種間のハンティングイベントには、複数の生き物が参加して複雑なネットワークを形成するため、各メンバーの労力と利益が不平等になることも多く、パートナーの管理が必要になる」と話します。

つまりタコは、狩りのリーダーとして、即席のグループを厳しくまとめようとしているのでしょう。

また、調査期間の間、異なる複数のグループに同様のふるまいが見られたことから、パンチは個体の気まぐれでなく、タコが種として持っている行動と考えられます。

パンチで魚を追い払うタコ
パンチで魚を追い払うタコ / Credit: youtube

その一方で、狩りにまったく関係ない場所で魚にパンチをお見舞いするタコも観察されました。

これが直前に行われた狩りの失敗に対する叱責なのか、単純に魚への嫌がらせなのかはわかりません。

研究チームは今後、タコのパンチが共同的な狩りにもたらす利益とその目的について明らかにしていく予定です。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!