ムスコも安心。世界初の「男性器の完全移植」が成功

science_technology 2018/04/24
Credit: BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/GettyImages
Point
・世界初の「ペニスと陰のうの完全移植」が成功
・14時間にもおよぶ難しい手術であったが、経過は良好。男性も自信を取り戻した

9人の整形外科医と2人の泌尿外科医がチームを組み、世界で初めての男性から男性への「ペニスと陰のう(睾丸なし)の完全移植」が成功しました。医療機関 “Johns Hopkins Medicine” で行われたこの手術は、14時間にもおよぶ大手術だったようです。

移植を受けたのはアフガニスタンで負傷した兵士で、すでに亡くなった人から体組織の提供を受けました。また、移植のプロセスには5年以上の歳月がかかったとのこと。

手術では皮膚、筋肉、腱、神経、骨、血管の全てが移植され、血管と神経は顕微鏡下で接続作業が行われました。ペニスには、移植の他に「再建」といった選択肢がありますが、その方法では人工のペニスが必要となり、感染症のリスクが高まります。

Credit: Devon Stuart for Johns Hopkins Medicine

匿名を希望しているこの男性は、報道機関に対し、「目が覚めたとき、やっとふつうに戻れた気がしました。自信も取り戻せた気がする」と語っています。

医師たちは、男性が泌尿機能や性機能を取り戻せるはずであると信じています。男性はすでに手術から回復し、まもなく退院予定とのこと。

世界初のペニスの移植は、2015年に南アフリカで行われました。移植は成功し、現在その男性は父親になっています。今回の手術では、ペニスだけでなく陰嚢も移植されています。完璧に以前の状態に戻すことは難しいかもしれませんが、大きな発展であることは間違いありません。

 

もしかしたら私たちが息子を失っても、誰かが「養子」に来てくれるかもしれないと思うと、少し希望が持てそうです。

早く達してしまう男性必見。「電気」で夜の営みが長持ちするという研究

 

via: independent, livescience / translated & text by なかしー

 

関連記事

サイクリストにEDの心配はないことが判明

脳にAIを埋め込んで「気分を変える」実験が行われる(米研究)

「セクシーな種」は10倍早く滅びる?性的魅力の向上、実は絶滅のサインだった

SHARE

TAG

science_technologyの関連記事

RELATED ARTICLE