MITが夢をコントロールしてアイディアを生み出すデバイスを開発。これはまさに「夢の技術」じゃ…

technology 2018/04/25
Credit:Oscar Rosello

 

MIT Media Labの研究チームが、手に装着するだけで、夢をコントロールし、人間の無意識状態の創造性を活用できるデバイスDormio」を開発しました。

Dormioは「ヒプナゴギア(Hypnagogia)」と呼ばれる、「眠りに入る直前に幻覚をみる」現象を利用しています。この現象は、人が日中活動している覚醒状態から睡眠状態に移行するときに偶然発生するもので、覚醒と睡眠状態の狭間にいるような状態です。ヒプナゴギアが起こっている最中は、時空間の歪みや自己の消失、さらに多くのアイデアが頭を駆け巡ると言われています。

かつて発明王のエジソンも、うたた寝しているとヒプナゴギアが生じ、多くのアイデアを得たという逸話があります。この現象を意図的に利用できれば、アイディアが浮かばなくて困ることもなくなるかも…。そこに着目したのが、このDormioです。

 

Dormioの使用方法

この夢のようなデバイス。一体どのように動作するのでしょうか。

Dormioを装着して眠りにつくと、まず手から筋肉の活動や心拍数などの生体信号を読み取り、入眠時の状態を検出します。そして入眠状態に入ると、連動させた音声装置(スマホやロボットなど)を用いて人間に適当な言葉を投げかけ、睡眠への移行を中断させてヒプナゴギアを発生させます。

Credit:MIT Fluid Interfaces

その後、音声装置とアイデアを出したい話題について会話することで、無意識状態を利用し、多くのアイデアを生み出すことができます。しかし夢は大抵忘れてしまうもの。そこはもちろん、Dormioがしっかり会話を記録してくれるというわけです。

研究チームは、「実験では実際に、被験者が事前に選んだ話題について夢を見ることができました。Dormioは人間の柔軟性や流暢さ、精密さや独創性を高めてくれます。」と述べています。

また、この技術はオープンソースであり、ソフトウェアや回路設計はGithubや研究チームのトーマスのブログに記載してあるので自作することが可能とのことです。

Dormioの詳細情報は、MIT Media Labのプロジェクトページにも掲載されてあります。

 

近い将来、VRだけでなく夢の中でも活動できるようになって、現実との区別がますます曖昧になってくるのかもしれませんね。

 

via: MITMediaLab / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

科学的に「明晰夢」をみるための最も効果的な方法が判明

研究室でデジャヴを再現することに成功。仕組み解明へ

SHARE

TAG

technologyの関連記事

RELATED ARTICLE