出産時に母親のがんが子どもに移行することがある。
出産時に母親のがんが子どもに移行することがある。 / Credit:canva
medical

「母親の子宮頸がんが子どもの肺にうつる」症例を確認、羊水に混ざったがん細胞を飲み込んでいた

参考文献: 国立がん研究センター,tella
2021.01.07 Thursday

幼い子どもが発症する小児がん。その中でも肺がんは100万人に1人未満という非常に珍しい症例です。

そんな子どもの肺がんについて、国立がん研究センターは子どもの肺がんが、母親の子宮頸がんの移行であったという驚きの事実を発表しました

1月7日に国際学術誌『The New England Journal of Medicine』で発表されたこの研究では、2名の小児がん患者のがん細胞を調べたところ、その遺伝情報は本人のものではなく、母親の子宮頸がんと一致していたと報告しています。

子どものがんという不幸な症例は、できる限りなくしたいものですが、母親の子宮頸がんの予防がこの問題に対して有効になるかもしれません。

>参照元はこちら(英文)

子どもにうつった母親のがん

がんは身体のあちこちに転移する可能性のある厄介な病気というイメージはありますが、人から人へ移るという認識はありません。

しかし、母子の間では出産時にがんが移行するケースがあるようです。

国立がん研究センターは、小児がん患者でがんも持つ1歳と6歳の男児について、「NCCオンコパネル検査」という方法を使ってがんの遺伝子解析を行いました

すると、その肺がんには、子ども本人以外の遺伝子配列が存在しているとわかったのです。

他人由来の遺伝子が検出された場合、普通は検査時の人為的なミスを疑います。しかし、今回の研究では少し違ったところへその視点を向けたのです。

この男児2名の母親は、それぞれ子宮頸がんを発症していました

ひょっとして…と研究者は考えたのでしょう。この子どものがん細胞が持つ遺伝情報を、母親の子宮頸がんの細胞の情報と比較してみたのです。

その結果、男児の肺のがん細胞は2名とも、母親由来の遺伝子情報を持っていることが明らかになったのです。

さらに、男児のがん細胞は、本来男性の細胞に存在するはずのY染色体がありませんでした。これは女性の細胞であることを意味しています。

母と子どもの腫瘍の特徴の比較
母と子どもの腫瘍の特徴の比較 / Credit:国立がん研究センター

また、男児のがん細胞には、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの遺伝子も検出されたのです。

つまり男児の肺がんは、母親の子宮頸がんが移行したことで発症したものだったのです

この原因について、研究者は次のように考えています。

子どもは出産直後に泣くことで初めての呼吸を開始しますが、この際肺に羊水を吸い込みます。

今回は母親が子宮頸がんを患っていたために、その羊水には子宮頸がんのがん細胞がまじっていました。

母から子どもの肺へのがん細胞移行
母から子どもの肺へのがん細胞移行 / Credit:国立がん研究センター

 

赤ちゃんが初めて泣いた時、肺にがん細胞の混じった羊水が取り込まれる。
赤ちゃんが初めて泣いた時、肺にがん細胞の混じった羊水が取り込まれる。 / Credit:国立がん研究センター

こうして母親のがん細胞が、子どもに肺に移行して肺がんを発症させたのです。

母親が皮膚がんなどを患っていた場合、そのがん細胞が胎盤を通る血液を通して子どものさまざまな臓器に移行するケースは知られています。

しかし、今回のように羊水を吸い込んだことが原因で、肺のみに母親から子どもへがん細胞が移行したと確認されたのは世界で初めてです。

母から子どもにがんが移行するというのは、なんとも切ない話ですが、このようなケースでは、治療について希望をもたらす発見もありました。

次ページ治せるがん、予防できるがん

<

1

2

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!