AppleがVRグローブの特許を取得
AppleがVRグローブの特許を取得 / Credit:Apple
technology

Appleが特許取得に2年もかけた「指の動きを感知するVRグローブ」

参考文献: interestingengineering
2021.01.09 Saturday

2020年12月29日、Appleがアメリカ特許商標庁によって承認されたVRグローブの特許を取得しました。

特許申請は2018年に行われており、取得まで2年かかったことになります。

このVRグローブはゲームや教育、軍事訓練の分野で役立つ可能性があり、Appleの躍進は今後も続くと考えられるでしょう。

>参照元はこちら(英文)

AppleがVRグローブの特許を取得

VRゴーグルの普及に伴って、仮想現実は身近なものとなりました。

そして今や仮想現実は視覚や聴覚から受け取るだけのものではありません。VRグローブによって触覚に介入することさえできるのです。

もちろんVRグローブ自体は特に目新しいものではありません。なぜなら2018年には既にいくつかの企業が開発を進めていたからです。そしてAppleもその1つです。

しかしAppleが開発した技術は2年の年月を経てようやく特許取得に至りました。

高性能なVRグローブは仮想現実の没入感を深める
高性能なVRグローブは仮想現実の没入感を深める / Credit:Depositphotos

Appleは革新的かつ洗練された製品をいくつも生み出すことで知られていますが、そんな彼らでさえ、常に特許に基づいて製品をリリースするわけではありません。

そのため今回AppleがVRグローブの特許を取得したということは、彼らがVRの分野に注目していることに他なりません。

特に仮想現実の世界では、ユーザーの没入感が重視されます。

グローブを利用しても、動作に違和感があったり手の動きにラグが生じたりするなら、ユーザーはすぐに現実に引き戻されてしまいます。

そのためVRグローブにはより高い技術性が求められ、企業としてはその技術を確立させなければいけません。

この点を考えるとAppleが2年をかけて特許を取得したのも頷けます。

では、彼らが開発したVRグローブにはどのような性能があるのでしょうか?

次ページ指の動きを感知し、触覚をフィードバックするAppleのVRグローブ

<

1

2

>

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!