双子の遺伝子には平均して5個の違いがある
双子の遺伝子には平均して5個の違いがある / Credit:Canva
medical

一卵性双生児の15%は「双子の片方に突然変異が集中している」という事実が判明!

2021.01.27 Wednesday

2021.01.08 Friday

livescience https://www.livescience.com/identical-twins-dont-share-all-dna.html

一卵性双生児の遺伝子的な違いが明らかになりました。

1月7日に『Nature Genetics』に掲載された論文によれば、一卵性の双子の遺伝子は複数の違いがある上に、およそ7組に1組(15%)は、片方が生じたほとんどの突然変異を引き受けていることが示されました。

単一の受精卵からうまれる双子の遺伝子は理論上、同じであるはずなのに、なぜ片方の兄弟だけに変異(コピーエラー)が集中してしまったのでしょうか?

>参照元はこちら(英文)

新たな研究は双子の違いを探った

音楽、数学、スポーツは特に遺伝の影響が大きい
音楽、数学、スポーツは特に遺伝の影響が大きい / Credit:慶応大学

一卵性双生児は、遺伝学の研究において非常に重要な存在でした。

知能や健康、異性の好みや食べ物の好みといった要因が、どれほど遺伝の影響を受けているかを調べるには、違う環境の元で育てられた一卵性の双子を比較するのが最良の方法だったからです。

しかし、より厳密な意味では、双子の遺伝子は同じではありません。

例えば2つに別れた直後の受精卵が、それぞれ双子の元となった場合、細胞が増殖する過程で生じた片方の変異(コピーエラー)は、もう片方に引き継がれることはありません。

そのため、同じ受精卵からうまれた双子でも、理論上、僅かに遺伝子が異なるのです。

ただ、その違いがどの程度になるかは、これまであまり調べられてきませんでした。

しかし今回、アイスランド大学の研究者たちが381組の双子の遺伝子を細部まで調べた結果、一卵性双生児であっても平均して5.2個の遺伝子に違いがあることが判明しました。

特に、一致率が低かった39組では100を超える遺伝的な違いが確認されたとのこと。

一方、完全に同じ遺伝子を持っていると判別されたのは全体の10%である38組のみでした。

この結果は、一卵性の双子であっても少なくない遺伝的な差異があることを示します。

これらの「違い」は当初、先に述べたように、個々の体への細胞の割り当てが済んだ後に、細胞数が増える過程で生じた、変異(コピーエラー)の結果だと考えられてきました。

この考えは概ね正しかったのですが、奇妙な例外があったのです。

驚くべきことに、およそ7組に1組(15%)の双子では、片方の子どもに対して、変異した細胞の集中が起きていたのです。

次ページ変異細胞のみでつくられた体

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!