がん細胞のイメージ。
がん細胞のイメージ。 / Credit:canva
medical

がん細胞は「冬眠」して化学療法をやり過ごす能力を持っていた!? 治ったように見えてもいきなり再発する理由の解明に近づく (2/2)

参考文献: University Health Network
2021.01.13 Wednesday

オートファジーを阻害する新しい治療法

サントス博士の研究室で、化学療法によって分裂の鈍化したがん細胞と、冬眠状態のマウス胚を比較したオブライエン博士は、それらが著しく一致していることを発見しました

「がん細胞が冬眠中のクマのようなものだとは知りませんでした。これがわかったことで、研究は冬眠中のクマをターゲットにする新しい治療法を示してくれたのです」

プリンセス・マーガレットがんセンターの所長、アーロン・シマー博士はこの研究をそのように述べています。

クマが冬眠するように、がん細胞も冬眠によって過酷な環境をやり過ごす。
クマが冬眠するように、がん細胞も冬眠によって過酷な環境をやり過ごす。 / Credit:canva

これまでがん細胞が示す薬剤耐性の原因はあまり理解されていませんでした。しかし、哺乳類の胚が行う冬眠状態のプロセス、オートファジーを利用していると分かれば、その対策を考えることができます。

オブライエン博士が実行したのは、このオートファジー(自己貪食)を阻害することでした。

実際これを試すと、がん細胞は化学療法から生き残ることができなかったのです。

「この研究は、私たちにユニークな治療の機会を与えてくれました」とオブライエン博士は言います。

まだ途上の研究ですが、今回の発見は治ったように見えて数年後再発するがん細胞の恐怖から、人類は解放するきっかけとなるかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
Google Play で手に入れよう App Store からダウンロード

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!