Tレックスの赤ちゃんは成犬サイズ?
Tレックスの赤ちゃんは成犬サイズ? / Credit: Julius Csotonyi
paleontology

スピルバーグは間違っていた? 孵化直後のティラノサウルスは「成犬のボーダーコリー」くらいあったと判明!

2021.01.27 Wednesday

Baby tyrannosaurid bones and teeth from the Late Cretaceous of western North America https://cdnsciencepub.com/doi/10.1139/cjes-2020-0169

スピルバーグ監督の大人気映画『ジュラシック・パーク』で、手の平サイズのティラノサウルスが孵化するシーンがありましたが、実際は違っていたようです。

スコットランド・エディンバラ大学は25日、生まれたばかりのティラノサウルスの骨を分析した結果、体長が90センチ程だったことを発表しました。

これはおよそ成犬くらいで、卵も予想よりずっと大きかったことが示唆されています。

研究の詳細は、1月25日付けで『Canadian Journal of Earth Sciences』に掲載されました。

ティラノサウルスの赤ちゃんは「ボーダーコリーくらい」

ティラノサウルスは、周知のように、地球上に存在した最大最強の捕食者のひとつです。

白亜紀後期(約6,800万〜6,600万年前)に北米に現れ、成体では全長12メートル、体重8トンにも上りました。

しかし、最も有名なティラノサウルスが、恐竜時代の末期にちょこっとしか存在しなかったのは意外かもしれません。

映画『ジュラシック・パーク』で描かれたティラノサウルスの赤ちゃん
映画『ジュラシック・パーク』で描かれたティラノサウルスの赤ちゃん / Credit: youtube

また、ティラノサウルスについては多くの研究があるにもかかわらず、その初期段階の発生はほぼ謎に包まれています。

というのも、過去に調査された化石が成体か、亜成体のものばかりで、幼年期や孵化直後のものは見つかっていないからです。

しかし今回、エディンバラ大学、アルバータ大学、カルガリー大学の研究チームにより、生まれたばかりのティラノサウルスの化石が、カナダ・アルバータ州とアメリカ・モンタナ州で発見されたのです。

それはわずか3センチほどの小さなアゴ骨と爪の一部でした。

化石が見つかった場所
化石が見つかった場所 / Credit: Greg Funston
発見された化石
発見された化石 / Credit: Greg Funston
発掘調査の様子
発掘調査の様子 / Credit: Greg Funston

化石が孵化直後のティラノサウルスのものであることは3Dスキャンで特定され、当時の体長は約90センチと判明しています。

研究主任のグレッグ・ファンストン氏は「成ボーダーコリーくらいの大きさ」と話します。

また、孵化直後のサイズから、ティラノサウルスの卵(いまだ未発見)は、高さ40センチを少し上回る程の大きさだったと推定されました。

さらに、アゴ骨の化石を分析してみると、成体に特徴的なアゴの形がはっきりと確認できました。

これはティラノサウルスが孵化前に大人と同じ身体的特徴をすでに有していたことを示します。

ティラノサウルスの赤ちゃんのサイズ
ティラノサウルスの赤ちゃんのサイズ / Credit: Greg Funston
復元イメージ
復元イメージ / Credit: Julius Csotonyi

ファンストン氏は「卵から生まれる生き物としては最大種に分類され、姿形も親とかなり近かったことがうかがえる」と述べています。

その上で、「今回見つかった化石は、ティラノサウルスの初期発生を詳しく知るための最初の窓口であり、今後の発掘調査で、彼らの卵や営巣習性、幼年期の化石を特定するのに非常に役立つでしょう」と続けました。

ティラノサウルスの一生を明らかにできる日はそう遠くないかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!