「虫垂」にはどんな役割があるのか?
「虫垂」にはどんな役割があるのか? / Credit: Cleaveland Clinic/Healthessentials
biology

盲腸の原因である「虫垂」はホントに役立たず? 虫垂がもつ重要な役割とは (2/2)

2021.02.01 Monday

What function does the appendix serve? https://www.zmescience.com/science/what-is-appendix-function/

虫垂は「感染症の予防」に役立っていた

2016年のオランダの研究によると、虫垂は免疫系で重要な役割を果たす「リンパ球」に覆われていることが判明しています。

リンパ球は白血球の一部であり、さらにB細胞(Bリンパ球)T細胞(Tリンパ球)NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類できます。

そして、ヒトの虫垂は、B細胞とT細胞を介した免疫反応にかかわり、感染症の予防に一役買っていることが示唆されたのです。

B細胞は、体内に侵入してきたウイルスや病原体に対する抗体をつくり、T細胞は、自ら動いて異物の排除に努めます。

リンパ球(イメージ画)
リンパ球(イメージ画) / Credit: jp.depositphotos

また、ミッドウェスタン大学の研究(アメリカ)では、533種の哺乳類における虫垂の有無と、ほかの消化管や腸内環境との関連性が調べられています。

その結果、虫垂の機能の一つとして、白血球を消化管に存在する抗原(ウイルス・病原体)にさらし、局所的な免疫反応を促すことが判明しました。

さらに、ヒトの虫垂は数種類の腸内細菌を育み、一種の「安全地帯」として働いているようです。

これにより、ひどい下痢症状や、強力な経口薬の服用後に起こる腸内細菌叢へのダメージを修復し、細菌を再増殖させることが可能です。

ウィンスロップ大学病院(アメリカ)の研究では、虫垂のない患者は、「クロストリジウム・ディフィシル腸炎」の再発率が通常の4倍高いことがわかっています。

この病気は、腸内に少数生息するクロストリディオイデス・ディフィシル細菌が異常増殖するために起こる大腸炎です。

虫垂は、その異常増殖を抑えて、腸内環境を整えていると見られます。

なぜ「盲腸」になるのか?
なぜ「盲腸」になるのか? / Credit: jp.depositphotos

しかし、虫垂がそれほど重要ならば、盲腸もとい「急性虫垂炎」はなぜこれほど頻繁に起こるのでしょうか?

これについて、デューク大学医療センター(米)の免疫学者、ウィリアム・パーカー氏は「工業化社会に伴う生活環境の変化が原因」と推測します。

「奇妙にも、衛生状態が極端に改善されたことで免疫系の機能が大きく低下し、虫垂が感染症にかかりやすくなった」と同氏は指摘します。

また、急性虫垂炎は、暴飲暴食や不規則な生活リズム、過度なストレスが原因にもなるため、現代人はますます「盲腸」にかかりやすくなっているのです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!