宇宙観が変わる? 超巨大な古代銀河の衝突が発見される

space 2018/04/26
Credit: M. Kornmesser
Point
・宇宙の果てに14個の銀河が衝突に向かっている銀河団を発見
・その銀河はすべてスターバースト銀河という星が多く生まれているレアな銀河
・宇宙の早い時期にこのような銀河団が見つかったのはじめて

 

レアな銀河がレアな条件で、レアな大きさになろうとしてるみたいです。

初期宇宙における、「宇宙的玉突き事故」のような銀河が発見されました。観察可能な宇宙の境界あたりの画像によると、14の異常に明るい天体が衝突コースにあり、一つの巨大な銀河を形成しつつあります。これらは最後には銀河団の核になり、宇宙で最も大きな天体の一つとなるでしょう

そのすべては、120億年以上昔におきました。深宇宙を見るということは、基本的に過去を遡って見るということです。その光が私たちのもとに届くには、何十億年もかかるからです。観測された銀河群がその配置にあったのは、宇宙がまだ14億歳の時です。ちなみに現在の宇宙は138億歳です。

最初に見つかった時、この天体はとても近い距離で集団を作っていたため、天文学者たちを驚かせました。論文の筆頭著者で、イェール大学のティム・ミラーは、「私たちが調査の中で最初に見つけた時は、一つの明るい点で、このように壮観な物は予期していませんでした。しかし、今ではとても興奮しています」と話しています。

 

天の川銀河の1000倍星が生まれる銀河

この発見は、非常に特殊なものです。

これらの銀河は、スターバースト銀河として知られる異常に明るい、天の川銀河の1000倍の非常に高い割合で星が生まれているタイプの銀河でした。このタイプの銀河がたった2つ群れているだけでも、研究者たちは興奮することでしょう。なぜなら、ただ1つであってもこの種類の、天の川銀河よりも何百倍も何千倍も早く星を形成している銀河は、通常の銀河に比べると稀だからです。

「スターバースト銀河が14個も集団を作っているのが見つかったことなんて、聞いたことがない」と、テキサス大学の研究者はコメントしています。

 

初期宇宙謎の密集地域

この銀河団は宇宙において、天の川銀河のたった4倍から5倍の範囲に密集しています。「地球と月の軌道の間に、すべての惑星を集めた時の密度と同じであると考えてください」と共著者のアクセル・ウェイス博士は説明します。

このような銀河の密集がこの領域で、しかも宇宙の歴史の早い段階で進化出来たのはなぜか」という疑問は今のところ解かれていません。

「これは、時期的に早すぎます。星の形成の最盛期の前に起きているのです」とミラーは言います。

 

遠く巨大な銀河

Credit: かみのけ座銀河団の光学画像

では、現在までの何十億年もの間にこれらの銀河はどうなっているのでしょうか。

モデルでの予測によると、現在までに銀河群は融合してコアを作り更に巨大な集団を作ってさえいるでしょう。天文学者達の予測によると、その構造体は「かみのけ座銀河団」ほど巨大になると、ミラーは説明しています。かみのけ座銀河団は、今まで観測された中で最も巨大な銀河団。夜空における2度の角度にわたって、あるいは満月の4倍以上の範囲を占めるほど巨大なのです。

「かみのけ座銀河団の特異性は、局地宇宙のすべてにおいて最も巨大な構造物の1つであるということです。それは、太陽の10兆倍の質量があります。我々が知る中で最も並外れた構造体です」とウェイス博士は説明します。

遠くはなれているために、このように大きな銀河団は極めて少数しか検出されてきていません。しかし、さらなる候補に対して研究は続いています。

ウェイス博士は、10個の銀河が似たような集団を作っているのを明かした研究に従事していましたが、他にも候補は挙がっていると言います。

「とはいえ、これらが最も極端なものであることは確かです」とマックスプランク研究所の電波天文学者は言います。

ウィスコンシン大学マディソン校のアミ・バーガー博士はこの研究が革新的であると気づいています。「現在の巨大な集団の祖先の発見においては、宇宙においていつ、どのようにその構造物が成長したのかが、いつも重要になってくるのです」

 

「失われた惑星」存在の証拠を発見。太陽系にはもう一つ惑星があった?

 

 

via: BBC News/ translated & text by SENPAI

 

関連記事

「宇宙は存在しない」。物理学者が「反物質」を調べた結果、驚くべき事実がわかる

死なない星? 神秘的な「ゾンビ星」が宇宙に現る!

 

 

SHARE

TAG

spaceの関連記事

RELATED ARTICLE