17歳の老犬、迷子の少女に夜通し寄り添って命を救う

story 2018/04/28
Credit: Facebook / Kelly Benston

オーストラリアのクイーンズランド州に住む3歳の女の子オーロラちゃんは、ある日の午後3時ごろ、こつぜんと姿を消してしまいました。すぐに捜索隊が行方を追いますが、手がかりはありません。

しかし15時間後の翌日朝8時。警察や100人を超えるボランティアの協力もあり、オーロラちゃんは無事に発見されました。そばには耳が聴こえず、ほとんど目もみえない17歳の老犬「マックス」が佇んでいました。

オーロラちゃんとマックスは、家からおよそ2kmの地点で発見されました。ボランティアを指示したイアン・フィップスは、「そのエリアは山がちでとても歩きにくい地形です。遠くまで行っても彼女のそばを離れなかったマックスはとてもおりこうさんですね」と語っています。

Credit: Facebook / Kelly Benston

オーロラちゃんのおばあちゃんベネットさんは、「おばあちゃん!」と叫ぶ声を聞いて山に駆け上りました。頂上に着くと、マックスがベネットさんをオーロラちゃんのもとへと導いたといいます。

ベネットさんは、この体験を涙なしには語れません。「本当にどこにいったのかさっぱりわからなかったわ。だけどオーロラはここにいる。生きているわ。本当にそのことが何よりも嬉しい」と、オーロラちゃんの無事を噛み締めています。

救出されたとき、オーロラちゃんからはマックスの匂いがしていました。その日は雨が降っており、夜は冷え込んだため、マックスとオーロラちゃんは寄り添って寝ていたのです。

ヒーローとなったマックスは、地元警察によって名誉警察犬の称号が与えられています。

 

そんなマックスには、ネット上でも称賛の声があがります。

マックスは本当にいい子。カワイイ老け顔がたまらないわ。

 

彼の年齢17歳は人間でいうと約80歳。マックスにとっては、孫の命を救ったような感覚なのかもしれませんね。

 

数千のネット民が傷心なチワワのために一致団結、奇跡が起こる

 

via: abc / translated & text by なかしー

 

関連記事

オッドアイで口唇口蓋裂のいじめられっこが、全く同じ境遇のネコとの「奇跡の出会い」に感動

交尾でオスとメスが融合する!? 謎すぎるチョウチンアンコウの生態

SHARE

TAG

storyの関連記事

RELATED ARTICLE