鉛筆が柔らかく見えるのはどうして?
鉛筆が柔らかく見えるのはどうして? / Credit:Lore Thaler
brain

2021.02.08 Monday

鉛筆が柔らかく曲がる「ラバーペンシル錯視」のメカニズムと未解決のナゾ (3/4)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページ速い物体を見る時、網膜はぼやけた画像を取得する

<

1

2

3

4

>

「鉛筆が曲がるのはなぜ?」ポメランツ理論から解説

ラバーペンシル錯視
ラバーペンシル錯視 / Credit: Live Science

これまでに解説してきた視覚システムから分かるように、鉛筆を上下に揺らしたときに私たちが知覚する映像は、実際の映像ではありません。

アメリカ・ライス大学で視覚を研究している認知心理学者ジム・ポメランツ氏によると、それは「要約を伝えている」とのこと。

彼は1983年にラバーペンシル錯覚に対する最初の研究を発表。そこでは32種類の鉛筆の振りパターンがシミュレーションされました。

ポメランツ氏による32のシミュレーション
ポメランツ氏による32のシミュレーション / Credit: James Pomerantz

その論文では、シミュレーションの16番目にあたる「鉛筆の先端近くを持って揺らす」方法が鉛筆をゴムのように柔らかく見せると判明。これは人間の毎秒フレーム数にあったものであり、他の動物では見え方が異なります。

そしてこの方法で鉛筆を上下するとき、鉛筆の振れる速度は一定ではなくなります。

鉛筆の端が下がりきった瞬間、または上がりきった瞬間では運動の切り替えが起こり低速になるのです。

そのため振れ幅いっぱいの位置にある鉛筆は鮮明な画像として取得され、それ以外の部分ではぼやけた画像として取得

結果としてそれらの画像をが要約したときに曲がって見えるというのです。

次ページラバーペンシル錯視の謎は深い

<

1

2

3

4

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!