ブラックホールに落ちるとき、事象の地平線に近づくほど人はスパゲッティのように引き伸ばされてしまう。
ブラックホールに落ちるとき、事象の地平線に近づくほど人はスパゲッティのように引き伸ばされてしまう。 / Credit: Leo Rodriguez and Shanshan Rodriguez, CC BY-ND
space

ブラックホールの中に入って人間が調査をすることは可能なのか? (3/3)

2021.02.10 Wednesday

the conversation https://theconversation.com/could-a-human-enter-a-black-hole-to-study-it-153364

その他の注意するべき問題

通常、超大質量ブラックホールはその周囲を非常に高熱を持った円盤によって囲まれています。

これはチリやガス、または吸い寄せられた恒星や惑星の残骸で、降着円盤と呼ばれています。

この高温の乱流は、人が超大質量ブラックホールへ近づくことを阻むことになるでしょう。

超大質量ブラックホールは超高熱の降着円盤に囲まれている。
超大質量ブラックホールは超高熱の降着円盤に囲まれている。 / Credit:NASA/JPL-Caltech

このため、安全に近づくなら、周囲に物質もガスも、星さえも、何もない領域にある超大質量ブラックホールを見つける必要があります。

ここまで条件が整ったら、人は生きたまま事象の地平線の中へ調査に行ける可能性があります。

しかし、事象の地平線の中へ一度突入してしまえば、もうその外側へ出ることはできなくなります。

たとえ何らかの重要な発見をしたとしても、その情報を外へ送信することはできないのです。

そのため、事象の地平線へ飛び込んだ誰かは、まだ誰も知らないブラックホールの真実を見つけるのかもかもしれませんが、それが外で暮らす人たちに届くことはありません。

それは宇宙からは永遠に失われてしまいます。

ブラックホールの事象の地平線の内側、それはおそらくどれだけ技術が進歩しても、人類には永遠に見ることのできない秘境なのです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!