リンゴに含まれる成分には脳細胞の数を増やす効果があった
リンゴに含まれる成分には脳細胞の数を増やす効果があった / Credit:Canva
biology

リンゴは脳機能を高める「知恵の実」だったことが判明 (3/3)

2021.02.14 Sunday

Compounds from apples may boost brain function https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-02/isfs-cfa020821.php
Apple Peel and Flesh Contain Pro-neurogenic Compounds https://www.cell.com/stem-cell-reports/fulltext/S2213-6711(21)00035-7?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS2213671121000357%3Fshowall%3Dtrue

有用な成分が植物に多いのは植物の進化の結果ではなく、動物側の適応の結果だった

動物は植物を食べ続けることでカロリー以外の健康効果を得られるように進化した
動物は植物を食べ続けることでカロリー以外の健康効果を得られるように進化した / Credit:Canva

今回の研究により、リンゴに含まれるケルセチンとDHBAに細胞を増やす効果があることが示されました。

しかしどうして植物に含まれる化合物が、私たちの脳にとって多くの有益な成分を含んでいるのでしょうか?

その答えを研究者たちは、私たちの先祖が植物を食べながら進化した過程にあると考えています。

この理論では、私たちの先祖は長年にわたり植物と共にあったために、植物からカロリーだけを吸収する単純な形態から、植物に含まれる他の物質も、自らの健康向上に利用できるように進化したとされています。

この説が正しい場合、ジャンクフードばかりで植物を食べない生活は、見えない部分で大きな不利をかかえることになりそうです。

もし体に不調を感じるならば、植物を食べるという選択肢が、解決策になるかもしれませんね。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!