新車のニオイには発がん物質が含まれていた
新車のニオイには発がん物質が含まれていた / Credit:Depositphotos
chemistry

「新車のニオイ」は発がん物質の匂いだった 20分の乗車で許容量を超えてしまう (2/2)

2021.02.19 Friday
‘New Car Smell’ Is The Scent of Carcinogens, And Even Short Trips May Overexpose Us https://techandsciencepost.com/news/science/new-car-smell-is-the-scent-of-carcinogens-and-even-short-trips-may-overexpose-us/
Inhalation of two Prop 65-listed chemicals within vehicles may be associated with increased cancer risk https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S016041202100026X?via%3Dihub

カリフォルニアの自動車内で発がん物質の許容値を越える

新しい研究では、カリフォルニア州のドライバーがどの程度の化学物質を吸引しているか調査しました。

調査の元になったのは、「がんや出生異常を引き起こす化学物質」がリスト化されたカルフォルニア州法「プロポジション65」です。

研究では特に、車内で検出された5つの物質に焦点を当てており、結果として、そのうち2つの発がん物質(ベンゼンとホルムアルデヒド)が乗車20分後に許容レベルを超えると判断されました。

そしてドライバーの乗車時間が長くなればなるほど、危険性が高まるとのこと。

車内における1日の化学物質吸引量。下2つ(ベンゼン、ホルムアルデヒド)は許容レベルを超える
車内における1日の化学物質吸引量。下2つ(ベンゼン、ホルムアルデヒド)は許容レベルを超える / Credit:David C.Volz

もちろん、発がん物質が含まれているからといって、必ずしも健康に害が及ぶわけではありません。

発がん物質を吸っていたとしても許容レベル以下であるなら、がんを引き起こす確率は低いのです。

だからこそ、今回の研究はカリフォルニアのドライバーや製造業者に警告を与えるものとなりました。

頻繁に換気すること、乗車時間を減らすこと、またリスクの少ない材料を使用することなどが今後の課題だと言えるでしょう。

ちなみに、今回の研究はすべてアメリカ・カリフォルニア州で調査されたものであり、日本車内で発がん物質がどの程度検出されたかを示すものではありません

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

化学chemistry

もっと見る

Special

注目pick up !!