結婚適正のような重要な事項がたった1塩基の違いに支配されていたとは皮肉といえます
結婚適正のような重要な事項がたった1塩基の違いに支配されていたとは皮肉といえます / Credit:Canva
biology

結婚への満足度は、たった一つの「愛の蛇口」遺伝子に決められていた (2/3)

2021.02.27 Saturday

Study suggests link between DNA and marriage satisfaction in newlyweds https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-02/uoa-ssl021821.php
CD38 is associated with bonding-relevant cognitions and relationship satisfaction over the first 3 years of marriage https://www.nature.com/articles/s41598-021-82307-z#Sec9

CC型は結婚に強い満足を感じている

CD38内部の特定の部位は個人差が許されており3種類の型が存在する
CD38内部の特定の部位は個人差が許されており3種類の型が存在する / Credit:Scientific Reports

結婚満足度を決めている要因は何か?

その手掛かりは「愛の蛇口」遺伝子(CD38)の内部に存在する、個人差が多く存在する塩基対にありました。

上の図のように、この特定部分がCC型である人間は、他の型(AC・AA)に比べて結婚後の満足度が新婚の時点から既に高く、三年後の段階でも優位を保っていました。

またCC型は他の型よりもパートナーに対する感謝の念や信頼度が高く、さらにパートナーの行いに対してより寛容的であることが、アンケート調査でも判明します。

この結果は、結婚に満足できるかどうかは、相手の地位や財産、さらには容姿などといったの個人特性を超えた、自分自身の遺伝的な素質が重要であることを示します。

また興味深いことに、上の図からは、遺伝型による影響が、女性よりも男性のほうが大きいことが読み取れます。

次ページ「愛の蛇口」は見えざる手からの調節を受けている

<

1

2

3

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!