電話恐怖症の原因と解決策
電話恐怖症の原因と解決策 / Credit:Depositphotos
psychology

電話恐怖症に打ち勝つ方法を心理学者が解説!

2021.02.28 Sunday
Phone call anxiety: why so many of us have it, and how to get over it https://theconversation.com/phone-call-anxiety-why-so-many-of-us-have-it-and-how-to-get-over-it-155798

多くの人は、程度の差があるものの電話恐怖症に陥っています。

実際、イギリスのサラリーマンを対象とした2019年の調査では、20代から30代の76%と、50代から60代の40%が、電話が鳴ったときに不安を感じていると判明しています。

そこでイギリス・ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校に所属する心理学者イルハム・セバ氏は、電話恐怖症の原因と解決策を解説しました。

多くの人が電話恐怖症になるのはなぜか?

人々が電話を怖がるのは、電話が「声だけ」のコミュニケーションだからです。

得られる情報と与える情報が限られてしまうため、不安を感じてしまうのです。

例えば、対面での会話では、相手が何か別のものに気を取られていたり熟考したりしていることが視覚情報から判断できます。

しかし電話ではその理由が分からないため、小さな沈黙が生じるだけでも心配になるのです。

電話はプレッシャーを感じやすい
電話はプレッシャーを感じやすい / Credit:Depositphotos

また電話には「気晴らし」がなく、そのことが圧力を感じる原因となっています。

対面会話では大抵、会話の途中で部屋の中を観察したり、窓の外を一瞬眺めたりします。またメールの着信をこっそりと確認することもあるでしょう。

そのような「気を散らすもの」のおかげで、私たちは自然でリラックスした会話を楽しめるのです。

ところが電話にはそれら外的要因がすべて無いため、私たちはひたすら電話で話すことに集中しなければいけません。結果として疲れてしまいます。

さらにある研究によると、電話恐怖症は「相手が自分のことをどう思っているか」という先入観と関連しているとのこと。

「相手から良く思われていない」と考えてしまう人は、話し言葉ですぐに反応されるのを怖がってしまうのです。

これら電話恐怖症の原因に心当たりがある人は多いでしょう。しかし、セバ氏は電話恐怖症を乗り越える方法も解説してくれています。

次ページ電話恐怖症を乗り越える方法

<

1

2

>

心理学psychology

もっと見る

Special

注目pick up !!