10億年後の地球には酸素がほとんど存在しない
10億年後の地球には酸素がほとんど存在しない / Credit:Canva
geoscience

地球上の酸素は10億年後に失われ「生命は絶滅する」と判明 (3/3)

2021.03.02 Tuesday

In the Distant Future, All Earth’s Creatures May Asphyxiate From Lack of Oxygen https://futurism.com/distant-future-earth-creatures-asphyxiate-lack-oxygen 酸素に富む地球環境の持続期間は約10億年 https://www.toho-u.ac.jp/press/2020_index/20210302-1122.html
The future lifespan of Earth’s oxygenated atmosphere https://www.nature.com/articles/s41561-021-00693-5

酸素呼吸する生物は儚い存在

10億年後、私たちに馴染みのある全ての動物と植物がほぼ確実に地球から失われ、地球はふたたび細菌の支配する世界になる
10億年後、私たちに馴染みのある全ての動物と植物がほぼ確実に地球から失われ、地球はふたたび細菌の支配する世界になる / Credit:Canva

今回の研究により、地球上に私たちが呼吸可能な酸素濃度が存在するのは、極めて限られた時期に限定されていることが示されました。

地球にとっては、大気中に酸素がない状態が普通であり、私たち人類を含む多細胞生物は、わずかなイレギュラーな状態の上に浮かんでいる儚い存在だったのです。

4800通りの未来を予測した全ての結果は、地球の酸素濃度が現代の1%以上でいられるのは、現在から数えて残り10.8億年前後に過ぎないと算出しています。

この結果は、銀河に数多くの惑星があっても、知的な地球外生命体が地球人類にコンタクトできないという「フェルミのパラドックス」を説明するかもしれません。

エイリアンと地球人が出会っていないのは、地球生命が10億年後に対面するような未来の障壁のためかもしれないのです。

この未来を避けるためには、太陽の光を遮る遮蔽膜を軌道に展開するか、炭酸塩の石から二酸化炭素を放出させるといった人工的な手段が必要となります。

それまで人類の文明が続いていれば、科学の力が地球生命の救世主になるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!